福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > 経営者として【全体を俯瞰すること】の大切さ

2022年12月25日経営者として【全体を俯瞰すること】の大切さ

今日は超マルチタスクをこなし中!
(今もなお…)

今の仕事と未来への投資と、
インプット学習と…
(今日は前倒しでの仕事メインです。)

なかなか濃い日を過ごしておりますが、
時間がいくらあっても
全然足りず、そこが悩みどころですね(笑)
 
さて、本題です。

 
------------------


■先日は、私の開業前に、

 
 自分自身が変わるきっかけとなった
 経営者の大先輩とお会いしてきました。

 3年ぶりほどの再会で、
 変わることなく愛情たっぷりで、
 エネルギッシュで、

 すごく心地の良い時間を
 過ごさせていただきました。


■そんな中でテーマとして上がったのが、


 経営はやはり

 「人と人との繋がりですよね」

 ということ。

 特にスタッフとの関係においては、

 これを経営者として
 経営全体を俯瞰して
 適材適所で配置をしないと、

 やりようによっては
 
 【スタッフと経営者の間で不信感が
 募っていくものでしょうし、

 その延長線上に経営の将来はない】

 と言えそうです。


■そのような考えにおいては、


 石原明さんの

 『すべてが見えてくる飛躍の法則
 ~ビジネスは<三人称>で考える。』

 という書籍を以前紹介させて
 いただいたのですが、

 <2021.10.4経営者としての【冷静さ】を
 今一度考えてみる>
 https://muratax.com/2021/10/04/4449/

 <2021.2.18【体が資本】の意味する
 ところとは>
 https://note.com/muratax/n/nda070ce73813
 
 経営者としてかなり上の
 立ち位置から全体を俯瞰して、

 それぞれに適した助言を
 していくことが

 必要であるような気がしています。

 この書籍では、そのことを
 『三人称』と表現しているわけですが、

 これは、

 【相手と自分自身が対話を
 している状況をさらに上から
 俯瞰をしてその全体を解釈する】

 ということなんですね。


■どうしても、他人との対話となると、


 感情が入ってしまいがち
 なものですが、こうして

 【上から俯瞰をすることにより
 初めて、感情を排してその状況を
 冷静に把握できる】

 ということなのでしょう。

 実際のところ、
 結構難しいことではあるのですが、

 経営者として、
 会社のまとめ役として、

 【感情を上手に排して人との
 対話をすることにより、
 
 より高い次元での解決策が
 見えてくる】

 というもの。

  ■どうしても経営者と言えども  所詮は人ですので、  【その時の感情で言動をとってしまう】  ということがあるものでしょうが、  ここは冷静に、  上述した三人称の視点を持って  【経営全体のバランスを見ながら、  人との対話を進めていくべき】  であるのではないでしょうか。  このような思考を念頭に置いて  考えると、  【成功している経営者は、  往々にして人を大切にしている】  ということが言えそうです。 ■そうはいっても、  「人は十人十色」  とも言われるように、  これまでの人生の経験も、  現在の生活の基盤も、  人それぞれですので、    これを統率するなど  ということは相当難しいでしょう。  では逆に、統率するのではなく、    【全てを受け入れる】  と考えるとどうでしょう。  むしろ十人十色なわけですので、  それぞれの良い部分を総括する  ことにより、  同業他社の比にならないような  経営力がついていく  というものではないでしょうか。   ■どうしても、  人と人との関係ですので、  そこに感情が入って  しまいがちなものですが、  経営者として上述してきた  三人称の視点を持って  全体を見渡すことにより、  経営に関しての最適解を  模索していきたいものです。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・経営において大切なのは、  やはり『人と人との繋がり』  ではないだろうか。 ・成功している経営者ほど、  『人を大切にしている』ということは  往々にして間違っていない気がする。 ・そのような人と人と繋がりを  重視する際に有効なのが、  『三人称の視点を持って  経営全体を俯瞰する』ということ。 ・どうしても十人十色であるため、  他の人の言動に感情が  動かされるものであるが、  十人十色であるということを   真実として受け止め、  その十人十色のそれぞれの  色を際立たせる形で  経営に取り込むことによって、  より良い独自の経営の良さが表れる  というものではないだろうか。 ・どうしても経営においては  いろいろな不確実な要素が  発生するものであるが、  『根幹は人と人との繋がりが  大切である』ということを  経営の芯に据えて、  経営の行く先を考えてみるのも   良いかもしれない。 今日も最後までお読みいただき、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ