福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 税務について > 【会計をさらに効率化する方法】について

2023年4月11日【会計をさらに効率化する方法】について

今日はとある専門家の方との面談が
立て続きました。

やはり餅は餅屋ですね。

かなり多くの学びをいただき、
貴重な時間となりました。


さて、本題です。
 

------------------


■会計を進めていくにあたり、


 あなたは

 【どの程度自らの手で入力】

 をしているでしょうか。

 現在では『クラウド会計』
 というものが台頭してきており、

 このクラウド会計の力により、

 【手入力をなるべく少なくする】

 ということが

 【会計においての効率化の秘訣】

 であるとも言えます。


■クラウド会計とは、
 

 インターネットを通じた
 会計ソフトのことで、

 インターネットバンキングや
 クレジットカードのデータ、

 通販サイトのデータなど、
 多くのネットを介した
 
 【会計データを会計ソフトに
 取り込むことができる】

 というもの。


■弊所では


 クラウド会計の代表格である
 『マネーフォワード』を全面的に
 導入しているのですが、

 このネットを介した連携データ
 を使用することにより、

 【相当入力効率が向上している】

 というところです。

 【従来の半分程のスピードで
 終わっているのではないか】

 と思うところもあり、やはり

 【このクラウド会計の力は
 相当大きいものである】

 と感じているところ。


■そんな中、


 クラウド会計だけでも会計業務の
 効率化は進んでいるものの、

 【更なる効率化を目指す】

 ことも考えたいものですよね。

 結局のところ、
 
 【事務作業は経営においての
 サブ的な要素】

 であり、この要素を極力
 最小限にしていくことこそ

 【真の経営効率化】

 ではないかと私は
 考えている次第です。

 そのような状況において、
 更なる効率化を考えると、

 【必要最小限の労力で
 会計を完成させる必要がある】

 というもの。


■その中で重視すべきが、


 【銀行やクレジットカードの使い方】

 なんですね。

 特に個人事業主の場合に関して言えば、

 『プライベート』の
 通帳やクレジットカードと、

 『事業用』の通帳や
 クレジットカードが

 【ごっちゃになっている】

 ということも少なくない
 のではないかと思う次第です。

 【プライベートと事業用を
 区分けすることは最低限】

 かと思うのですが、

 【区分けした通帳やクレジットカードを
 さらに細分化していくこと】

 も考えたいもの。

  ■具体的に言えば、  通帳については、場合によっては  【事業別の通帳を作成する】  ということ。  例えば不動産と物販だとしたら、  『不動産用』の通帳、  『物販用』の通帳を  【それぞれ準備する】  ということですね。 ■そして  これも例えばなのですが、  物販をしている場合、    『仕入専用』のクレジットカードと、  『仕入以外のその他の経費』に関わる    【クレジットカードを分類する】  ということ。  このカードを分類することにより、    【どの通帳やカードが  その事業に関するものか】  ということが明確になりますので、  会計処理の際のルール付けも  明確になり、  【1クリックでデータ確定が  できるものが増えていく】  ということになります。 ■ちょっとしたことではありますが、  こういった工夫により  業務がグンと効率ますので、  ぜひクラウド会計を有効に活用  できていない場合、  上述してきたような    【事業ごとの区分け】  などを意識して、  さらなる会計業務の効率化を  進めてみてはいかがでしょうか。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・クラウド会計が台頭してきた今、  【従来の労力の半分ほどで  会計の業務が終わっていく】  という現実が見受けられる。 ・そのような状況において、  【さらに経営を効率化】  しようとするために、  【事業ごとや用途別の通帳や  カードの分類】  をしてみてはいかがだろうか。 ・最初に手間を要すること  ではあるものの、  これが軌道に乗ると    【自動的に仕訳をしてくれる】  ようなルールが整備され、  【さらに会計に要する時間が  短縮される】  ものであるため、  積極的にこういったことを検討し、  その会計業務に役立てたいものである。 今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ