福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 未分類 > 経営において恐れるべし【契約内容の認識のズレ】

2024年5月14日経営において恐れるべし【契約内容の認識のズレ】

昨日はご面談で古巣の黒崎へ。

黒崎は北九州の地なのですが、
自分が育ったこの故郷に足を踏み入れると、

今は違った風景ではあるものの、
何か感慨深いものがありますね。

<昨日のインスタ投稿>
https://www.instagram.com/p/C66F28ty4Nb/?img_index=1

さて、本題です。


------------------


■私たちはもうすぐ開業して丸7年
 になろうとしているところなのですが、

 当初はゼロからの得意先の開拓
 ということもあり、

 全てが新規の顧問先という状況でした。

 しかしながらここ最近においては、
 半数を超えるご依頼が、

 【税理士の変更によるご依頼である】

 という状況です。


■その税理士を変更したい
 というお客様の考えとしては、
 もちろんいろいろなことがあるわけですが、

 その中で根底となっているのが、

 税理士がやるべき業務と、お客様が受ける
 サービスの提供について、

 【税理士とお客様との間に
 認識の齟齬があるから】

 ということを感じる次第です。

 そもそも面談がある前提の契約なのか、
 決算前の節税対策の説明があるような
 料金体系になっているのか、

 面談には誰が参加するのか…といったことや、
 そもそもの会計入力をどちらがするのか 

 などといったことが明確になっていない
 ばかりに、知らず知らずのうちに

 【認識の齟齬が生まれ、そこから税理士に
 対する不満に繋がっている】

 ということも少なくないように感じます。


■弊所においても
 つい最近のことなですが、

 【お客様にしていただく業務と弊所で行う
 業務の線引きの認識が曖昧である】

 ということに気づかされました。

 具体的には、弊所においての会計入力をする
 前提ではないお客様なのですが、

 【どのあたりまでをお客様の方で会計入力
 すれば良いかわからない】

 ということだったんですね。

 これについては、全てをお任せするという
 前提でのお話をしていたつもりだったのですが、

 【思いのほかその部分がお客様に
 伝わっていなかった】

 ことに気づかされ、そのことについて
 反省したというところでした。


■こういった形で、

 お客様の疑問が表出される形であれば
 そのことがわかるわけなのですが、

 お客様がその不安を飲み込み、
 それが表出しないままそのようなことが
 積み重なり、

 結果として『大きな不満に繋がる』
 ということが、

 売手側にとっては最も怖いこと
 ではないでしょうか。

 認識の齟齬に気がつくことができれば
 良いのですが、往々してそういった

 【齟齬に気づかないまま事が進んでいる】

 ということは、実際のところ 
 少なくないように感じる次第です。
 
  ■当然契約の段階でそのような擦り合わせを  しているとは思うわけですが、  そういった記憶は日が経つにつれ  劣化していくというもので、  何かしら日常的に目につく形で、    【そのような契約の内容を示しておく】  ということもまた重要ではないでしょうか。   ■またその認識の齟齬が生まれないためには、    【常日頃から対話をしておく】  ということが必要であると言えるでしょう。  対話をすれば、そこに信頼感が生まれ、  話しやすさが生まれ、  【どんなことでも気兼ねなくお話しできる】    という環境や関係性が作られるように思います。  そのように考えると、契約についての    【認識の齟齬の生まれ具合は、信頼関係や対話を  重ねる回数に比例するのではないか】  と思うところなんですね。 ■どうしても、  【契約をして、料金を頂戴して、  なんとなく事が進んでいる】  ということが一般的に少なくないように  感じるところですが、  上述してきたようなことを念頭に置いて、    【商品やサービスの提供側である売手と、  購入者側(お客様側)である買手との  認識の齟齬が出ていないか】  ということを十分に注意をして、  契約が済んでからも対話を重ね、  信頼関係を構築し、    上述してきたような認識の齟齬が出ないように  努めていきたいものですね。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・契約の段階では、    その契約の内容について双方においての  擦り合わせができているものであるが、  【日が経つにつれ、それが劣化して  いくことが通常】  であろう。 ・そのような前提に立つと、  契約後も常に日頃から対話を重ね、  信頼関係を構築する中で、  【親しみやすさや話しやすさの関係】  を構築しておくことは  大変重要なのではないだろうか。 ・怖いのが、認識がズレたまま、    その認識のズレが出ていることに  気づかないまま小さなことが  積み重なり、大きな問題になるということ。 ・しかしながら、  信頼関係が構築できてさえいれば、  こういった不満が生じた際に  【事前にすぐにそのことをお客様から  聞くことができる】  ことが考えられるため、  常日頃からこういった対話を重ね  信頼関係を構築し、その先に  【お客様の不満がつのることのない  ような仕組み作りを考える】  ことも、経営者として  大切なのではないだろうか。 今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ