福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

092-406-7975

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
092-406-7975

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 人間関係 > 創業者の体験談からの学び。信用は50%にとどめるべき。

2018年7月27日創業者の体験談からの学び。信用は50%にとどめるべき。

「社員が2年間一人も辞めてません。」


今日はお取引先の金融機関からお招きいただいて、創業者の交流会へ。

そこで聞かせていただいた上記の言葉。

 

こんばんは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

(旧ブログはこちら

 

1.社員が辞めない会社


創業経験者として、先輩経営者がお話されていたわけですが、

その中で冒頭のセリフがありました。

社員が辞めていない。

言い換えると、社員と社員間そして社長との関係が良好であるということ。

その神髄は、社長が社員のことを家族として見ている、ということにありました。

社員のプライベートを含め、本当に家族のように接すること。

これこそが、重要なことだったようです。

 

2.信用は50%にしておく


これもインパクトのあった話だったのですが、

社員への「信用は50%、信頼は100%」としている、とのことだそうです。

当然、家族同然の社員なので、100%の信頼はしている。

しかしながら、これも当然のことながら、人間なのでミスもある

ここで、信用を50%にとどめることで、社長の責任も50%

何かあったら社長が責任を取るため、という思考とのこと。

愛を感じる言葉でしたね。

 

自分の思考を超えたこのようなお話はすごく学び多きものがあります。

自分の業界に閉じこもったら、どうしても視野が狭くなるもの。

仕事だけではなく、立場の違った経営者のお話はすごく参考になるものです。

そのお話を、どうにか自分の業界に展開することができないか?

という問いを常に立てておくことは、極めて重要なことと言えるでしょう。

 

すごく刺激的な時間に感謝です。

そろそろ、私を事を起こさねばなりません(!)

 

個人事業主のための知ってて得する
税金対策、経営メルマガ登録

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ