福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

092-406-7975

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
092-406-7975

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > 航海をしてみて、見えてきた経営の行く先の話

2019年9月19日航海をしてみて、見えてきた経営の行く先の話

今日は税理士の顧問のお客様からのお声掛けで、そのお客様のご自宅がある西戸崎へ。

福岡から西戸崎は車でも行けるのですが、車は妻が子どもたちの送迎で使っているため

博多埠頭より船に乗って西戸崎へ行くことに。

 

こんばんは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

(旧ブログはこちら

1.船酔いと目先の経営は酷似している


移動中も、
LINEMessenger、メール等の連絡が絶えないため、スマホは手放せません。

ただ、スマホの画面を見つめていると、

船の揺れによって、少し気持ち悪くなってしまいますね

 

そこで目を移して、大海原を見ていると、不思議とその気持ち悪さもなくなり、船との一体感が生まれてきます(少々大げさですが)。

 

これって、すごく経営と似ていると思いませんか?

 

目の前の【作業】に追われて、その作業に時間を使う日々。

作業に追われているばかりに、本来経営者としてやるべきである【仕事】がないがしろになってしまう

などという状況は、何となくでもわかるのではないでしょうか。

 

2.【考える】ことこそ、経営者の【仕事】


経営において、最も重要なのは【思索をする】ということ

ただ、この思索をする・・・すなわち、【考える】という行動は、思いの外面倒なもの。

潜在意識の中でこの面倒だという気持ちが回ってしまい、目の前の【作業】に没頭する

作業をしていると考える必要はないため、脳へのストレスを考えると、きっと楽なんですよね。

私ももちろん同じですので、作業に行ってしまう気持ちは痛いほどよくわかります。

 

ただ、本当にそれで良いかと言えば、決してそうではないはず。

経営者の時間給は誰よりも高いわけで、経営者であるあなたが動かないことには、経営において利益も生まれない。

そうなのです。

いわば誰でもやれる【作業】というものは、経営者の手から一刻も早く手離さなければならない、と言えます。

この思索をするという時間を、毎日少しでも天引きできているかどうかということは、極めて重要。

経営においても、大海原を見渡すような形で、まずはあるべき経営のゴールや目標を定め

そこに航海中に大海原を見渡しながらスマホを見るが如く、そのゴールや目標から逆算しての今の【仕事】に取り組んでいくということが、あるべき経営の姿なのです。

 

130いや、10分でもいいので、経営の行く先について考えてみませんか?

目の前の作業に追われてしまうと、本当に酔ってしまいますので

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ