福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

092-406-7975

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
092-406-7975

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > 『作り方に迷う』のは、『取説をしっかり読んでない』から

2019年10月17日『作り方に迷う』のは、『取説をしっかり読んでない』から

【本日の活動】

・お客様とランチ

・顧問先との面談

・(急きょ)顧問先の融資の資料作成

 

こんばんは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

(旧ブログはこちら

 

■ 今日は約半年ぶりのお客様と、
  ランチにてお話。

  熱い想いを持って
  経営をされている方で、

  なんとなく私と近い温度感があり、
  いつも心地よくお話を
  させていただきます。

  話は自然と経営のことに。

  熱い想いはあるものの、
  いろいろな環境の変化などに伴い、

  どのように行動していったらいいか
  ということを見失ってしまっている…

  というようなお悩みを
  聞かせていただきました。


■ 私自身もこのようなことに
  思い悩むことが多くあり、
  少なからぬ失敗を経験してきました。

  巷には、売上をアップさせるための
  【手法的】なものは
  ありふれているのですが、

  そもそもの【ベースを整える】という
  取り組みに言及しているものが
  極めて少ない状況なのです。


■ 肥沃な土壌があって初めて、
  まいた種が芽を出し花を咲かせる
  のと同じで、

  土壌(経営のベース)を
  整えていかないと、
  せっかく種(手法的なもの)を
  まいたとしても、

  その先に花を咲かせることは
  なかなか難しいと言えます。




■ 一見面白くない
  【重心が低いもの】
  こそが重要であり、

  肥沃な土壌を整えるべく、
  【思索をしていく】
  必要があるわけです。


■ 最近、
  スタッフが増えたことにより、
  事務所内の机を購入しました。

  一見簡単そうに見えても、

  しっかりと完成図を見て、
  説明書に書いている手順に従って
  組み立てていかないと、

  なんとも間抜けでいびつな机に
  仕上がってしまうものです(汗)。

  実際に、開業した当初に
  これと同じ机を買って組み立てよう
  とした時に、

  この【説明書を読む】ということを
  怠ってしまった結果、

  ため息の出るようなだらしのない机が
  仕上がったという経験があるのです(汗)

  たかが机、されど机。

  これを単なる机の組み立ての失敗
  と言ってしまえばそれまでなのですが、

  このことこそ、
  経営を考える上で大変な教訓
  と考えられます。


■ つまり、
  全体像をしっかりと考え、
  組み立てる手順をもしっかりと検討し、

  それを実際の組み立てるという行動に
  落とし込むことにより、

  初めて完成図と同じ、
  極めて美しい机が仕上がっていく
  というわけです。

  こういったことを含めて、
  
  経営者の本来の仕事は
  【思索をすること】
  であるということを、
  度々申し上げているわけです。

  きっと、読んでいただいても
  面白くない話なのでしょうが(汗)、

  実はかなり大切なことを
  言っているのです。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ