福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > 【継続課金型サービス】の罠にハマってはいませんか?

2020年2月1日【継続課金型サービス】の罠にハマってはいませんか?

【本日の活動】

・午前中は長女と出勤

・確定申告本格始動!

・継続課金の契約を解約

 

こんばんは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

(外部ブログはこちら



■長女と出勤をするたびに、

 もう土曜日が来たのか(!)

 と思いますね。

 本当に怒涛の日々を送っているため、
 時間が経つのが本当に早い…

 昨日でようやく償却資産申告書や
 年末調整の全業務を終えたため、

 今日から確定申告に
 本腰を入れることができています。

 今年は昨年にも増して
 かなり件数が増えているので、

 テキパキ正確にさばいていかないと

 なかなか怖い状況ですね。

 さらには、

 スタッフの教育にも力を入れていきたいため、

 実質的な稼働時間は昨年と比べて
 極めて少ないことになってしまいます。

 この時期はどうしてもプライベートの時間が
 圧迫されがちではありますが、

 物理的にどうしようもないこと
 ではありますので、

 何とかプライベートの時間を確保しつつも、

 仕事に全力で打ち込んでいきたい

 ところです。


■さて、冒頭にも書かせていただいたように、

 本日、

 【継続課金型の契約を解約する】

 ことにしました。

 月額にして、

 なんと…



 900円。



 …あなたは、この金額を聞いて

 どのように感じられたでしょうか。

 一般的に、

 「あー、そんなものか…」

 という印象が多いのかもしれません。


■ただ、

 この900円を1年間にすると10,800円。

 10年間にすると108,000円

 そんな大げさな、
 とお思いかもしれませんが、

 コレ、すごく大事なことなのです。

 毎月の支払い金額は少ないものの、

 【積み重ねるとかなり膨大な金額】

 になります。


 これだけの継続課金型の契約だったら
 まだ良いのですが、

 このような少額の契約をかなり多くしている、

 ということが、

 少額の継続課金型のサービスを購入している方に
 少なからず見られますね。


■経営をしていくにあたって、
 固定費がかかってくるものは
 極力少なくしていきたいもの。

 この固定費というものは

 どうしても多額なものに目が行きがち
 ではあるのですが、

 こういった少額のちょこちょこと
 引き落とされていく経費というものは

 意外と多いのではないでしょうか。


 ・クラウドシステムのストレージ料
 
 ・メールマガジンの購読料

 ・定期的な購読サービス等の利用料

 ・ごくわずかな金額のウェブ広告料


 種類にするといろいろありますよね。


■今回私が解約することにしたのは、

 音声や動画を見ることができるサービス。

 ビジネスや心理学、マナー、お金のこと…

 いろいろなことを幅広く伝えている
 コンテンツが多くあるのですが、

 これは

 【30日間の無料期間】

 というものが存在しており、

 【この無料期間に登録した瞬間に、
 30日後に解約することを決めていた】

 のです。


■どうしてそのような行動に出たのかと言えば、

 このサービスの中に私の好きな方のお話が
 多くあったから。

 裏を返せば、その方の話を聞いてしまった後は、

 もうサービス自体が必要なくなるわけですね。

 これが、私にとっての本当のニーズ。

 【目的がしっかりしている】

 と言えます。

 これを当初は目的がしっかりしていたとしても、

 その信念が揺らいでしまい、
 多くのコンテンツに目がいってしまうとなると、

 このコンテンツ提供側の策略に
 まんまとはまってしまい
 (言葉は悪いですが…)、

 そのまま継続課金サービスに加入してしまう

 こととなるわけです。


■こういったサービスは、

 少額であることが購入者側の裏目に出てしまい、

 契約していることだけに安心感を覚え、

 サービスの提供自体を受けていない
 状況になってしまっている

 ということが往々にしてあります。

 そうなってしまうと、

 結局のところ

 【お金をドブに捨ててしまっている】
 
 ようなもの。

 日常生活においても大切なことではありますが、

 経営においてこのような状況に
 なってしまっているということは、 

 【極めて危険である】

 と言えます。


■あなたが定期的に利用しているサービスの中に、

 【無意識に払い続けてしまっているもの】

 はないでしょうか。

 長い間サービスを受けていないものは、

 おそらくこの先もサービスを受けることはない
 と言えるでしょう。

 見切りをつけて

 【とっとと解約する】

 のが得策であるということも 
 考えられますので、

 今の状況をしっかりと見つめ直して、

 適切な行動を起こされることを
 お勧めいたします。

 (・・・と言って、自分の背中を押してみました(汗)。)

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ