福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

092-406-7975

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
092-406-7975

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > 【行き詰まった時】にこそ取るべき行動とは?

2020年2月2日【行き詰まった時】にこそ取るべき行動とは?

【本日の活動】

・始発より前に出勤

・確定申告を少しずつ爆速で

・夜は家族と節分

 

こんばんは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

(外部ブログはこちら



■昨日からようやく確定申告全力モードに
 入ったことにより、

 今日もそのエネルギーを絶やしたくはなく、

 目覚ましをかけ、
 5:30頃に家を出て、出勤。

 始発になると少し遅くなってしまうため、
 昨夜はあえて自転車で帰ってきました。

 この寒い時期に起きるのは
 なんともキツイことではありますが、
 
 なんとか起きて6時前から仕事を開始。

 今日は特に、

 節分の予定があり早く帰宅するため、

 なんとしてでも目標にしている仕事量を
 さばききってしまわないといけません。


■さて、あなたは

 【日々の目標】

 を定めていますか。

 日々の目標という定義はというと、

 なかなか難しくもあるのですが、

 【その日にやるべきこと】

 をリスト化できているかどうか

 ということ。

 もちろん、リスト化でなくても
 いろいろ方法はあるのでしょうが、

 やるべきことを明記しておかないと、

 どうしても、のんべんだらりとした

 【その日暮らし】

 の仕事をしてしまうことになります。


■これはなかなか危険。

 仕事は、やろうと思えば
 数限りなく存在するわけで、 

 その日にやるべきことを、

 【しっかりと可視化】

 しておかないと、

 やるべき仕事をやりきれていない日

 というものが
 どうしても出てきてしまいますね。


■それでは、

 どうやって日々の目標を立てるのでしょうか。

 短期的な仕事に関しては、

 いわゆる第一領域

 つまり

 【緊急かつ重要であること】

 に分類され、

 真っ先に取り組むべきことなのでしょうが、

 それは当然のこととして、

 【長期的な目標】

 があっての短期的な、
 つまり今日の目標がある

 と言うことができます。


■結局のところ、

 未来を見据えての

 【こうなりたい!】

 という目標があってからこそ、

 今日やるべき仕事や目標が
 存在することになる

 と言えるわけです。

 逆を言えば、

 将来的な目標を立てずして、
 今日だけの超短期的な目標を
 立てていくということは、

 極めて怖いことであると言えます。

 往々にして、そのような

 【短期的な視点だけ】

 で目標を立てている状況では、

 毎日が川の流れのように
 ただただ流れ去ってしまい、

 結果として仕事は終わっているとしても、

 一切将来的な視点での
 希望ある未来につながっていない

 という状況になります。

 




■そもそも

 『何のためにこの仕事をしているか』

 『何のためにこの仕事を始めたのか』

 ということを考え続けるということが、

 今日の仕事に対する向き合い方に
 ストレートに影響してくるものです。

 ただ、

 このような将来的な目標は
 忘れ去ってしまいがちですので、

 定期的に意図的に目にすることができるよう、

 やはり紙に書いて貼っておくなどの
 手立てが必要でしょう。

 仕事が立て込んでいる時期だからこそ、

 このような

 【自分を律する仕組み作り】

 というものは

 極めて重要であると言えます。

 行き詰まった時こそ、
 希望ある将来を見据え、
 
 気持ちを前向きに持ち、
 仕事に取り組みたいものです。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ