福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

092-406-7975

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
092-406-7975

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 人間関係 > もしムカデの足が一本だけなくなったとしたら…ということを考えてみる

2020年2月12日もしムカデの足が一本だけなくなったとしたら…ということを考えてみる

【本日の活動】

・確定申告のご説明でご面談3件

・確定申告資料のお預かり

・夜から確定申告業務へ

 

こんばんは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

(外部ブログはこちら



■今日は面談が立て続き、
 
 確定申告のご説明を3件ほど
 させていただきました。

 このご説明の中で

 最終的な内容を詰めていきます。

 場合によっては

 そのままの内容で良いということで
 申告させていただきますし、

 また場合によっては、

 最終的なお話を伺う中で、

 このように手を加えた方が
 良いのではないか、

 という提案をこちらから
 させていただくこともあります。

 正直言うと、

 手を加えるということは、

 せっかく仕上がった原稿を
 もう一度やり直すということですので、

 結構大変なもの。

 ただ、

 その手を加えるかどうかによって
 税額が大きく変わってくることも

 ありますので、

 やはり積極的に

 【お客様の立場に立って】

 そのような提案を
 していきたいところなのです。


■さて、今日の確定申告でのご説明で、

 副業をされている方の確定申告がありました。

 副業ですのでもちろん
 メインの仕事の給料があります。

 メインの仕事はやはりメインの仕事なので、

 どうしても一日の時間の大半を

 そのメインの職場に使わざるを得ないですね。

 そうなると、必然的に

 【副業をやっていける範囲】

 というものは狭まってしまうもの。


■とは言え、

 「このままでは良くないですね。」

 というお話を、

 少し厳しいかとは思いましたが、
 あえてさせていただきました。

 というのも、
 
 今やっている仕事が

 たまたまサラリーマンであるか、

 自営業であるか、

 という違いなだけであり、

 【サラリーマンだから絶対的に安定している】

 などというは

 決して言えないことなのです。


■自営業は、

 時にその将来性を
 よく危惧されるわけでありますが、

 これからの時代サラリーマンと言えども

 経済の状況によって会社が下向きに進んでいく
 ということも、考え得ることでしょう。


■そうなった時に、

 「本当にそのままで良いのか。」

 という問いを立て続けていなければならない

 わけです。

 もし、サラリーマンである今の地位が
 近い将来なくなってしまうとするならば、

 どのような状況になるでしょうか。

 その際に武器になるのが

 【副業】

 であると言えます。



 そのように考えると、

 副業をするにあたり、

 【一社依存】

 ではなく、

 【複数のルート】

 を持って仕事をしていた方がより良い

 ということが、わかると思います。


■つまり一社依存にしてしまうと、

 その一社が潰れてしまえば、自分も潰れてしまう

 ということになるわけですね。

 そうではなく、

 複数のルートに仕事の領域を広げておけば、

 そのうちの一社が潰れたとしても、

 【大した痛手は負わない】

 と言うことができるわけです。

 非常に多くの足を持つムカデが、
 その足のうちの1つを失ったとしても、

 おそらく、
 難なく今後も過ごしていけることでしょう。


■もちろん、

 現在の職を持って他の領域にまで
 幅を広げて仕事をするということは

 なかなか難しいことでしょう。

 ただ、できることは他にもあるはず。


 空いている時間に
 人と会ったり、

 空いている時間に
 セミナーに行ってみたり、

 空いている時間に
 本を読んでみたり…

 いろいろなことができるものであり、
 
 その少しの行動の積み重ねが、
 将来的に圧倒的に有利に働く

 ということは少なからずあることです。


■そして短期で結果が出るということは、

 また短期で反対にひっくり返る可能性が
 極めて高いのです。

 そうではなく

 上に書いたような、

 人と会ったり、

 セミナーに行ってみたり、

 本を読んでみたり…

 こういった

 【微差の積み重ね】

 が、将来的にゆっくりと花開いていくもの。

 




■急な成長は、それと同時に

 急な下降を伴います。

 そのようなことまで視野に入れ、

 積極的に少しずつでも、

 今いる自分の領域から
 一歩踏み出して手を広げてみては
 いかがでしょうか。

 【将来が安泰】

 などということは、変化多きこの時代、

 【どなたにおいても決して言えない】

 ことですので…

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ