福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

092-406-7975

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
092-406-7975

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 人間関係 > 「動いてくれないから結果が出ない」というコンサルタントの言葉の裏にある真実とは

2020年3月22日「動いてくれないから結果が出ない」というコンサルタントの言葉の裏にある真実とは

【本日の活動】

・終日、友人の家にてホームパーティー

おはようございます。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

(外部ブログはこちら


■今日は昨日の記事でも
 書かせていただいたように、

 友人の家にお邪魔して、
 ホームパーティーのようなものに
 参加させていただくことになりました。

 本来はバーベキューの
 予定だったのですが、

 あいにくの雨予報なので、
 方針を変え、

 ホームパーティーに変更した
 というわけです。

 気のおけない友人たちとの
 貴重な時間。

 しっかりと、
 みんなで楽しい時間を過ごし、
 リフレッシュしていきたいものです。

 親がこういった幸せな気持ちでいると、
 子どもたちもそういったことを感じてか、
 すごく幸せそうなんですよね。

 子どもの幸せは、
 親が幸せな状態であるからこそのこと。

 そう、物事には

 【原因があってこそ、結果がある】

 というもの。

 今日はそんなことから、
 お話を続けていくことにいたします。


■福岡では…というより、
 全国的になのでしょうが、

 『コンサルタント』として、

 独立開業されている方が
 すごく増えているようです。

 資格もいらず、

 特に実績も求められることなく、

 副業という形で開始される方や、

 なんとなく個人事業を始めたい

 ということから、

 コンサルタントという肩書きを
 表に出して、

 事業を進めている方が多いわけです。

 (言い方は冷たいしれませんが、
 特に他意はありません)

 もちろん、コンサルタントとして
 お客様の幸せに大きく貢献されて、
 素晴らしい方も本当に多いのですが、

 ごく一般的な話として、
 書かせていただいています。


■こういった(誤解を恐れずに言うならば)

 【成功していないコンサルタント】

 の方がおっしゃることとして、

 「相手がこちらの言う通りに
 動いてくれないから、
 成果が出ないんですよ」

 ということがあります。

 おっしゃっているのは
 ごもっともなことで、

 確かにお客様が行動しない限りは
 結果は変わることはないでしょう。

 まぁ、当然のことですよね。

 ただ、上述した因果関係…

 つまり原因があっての結果、

 という視点から考えると、

 お客様が行動しないという【結果】は、

 何か【原因】があるはずなのです。


 上記の成功していないコンサルタント
  (他意は決してありません)の言葉は、

 【完全にこの【原因】というものに
 フォーカスしていない言葉】

 ではないでしょうか。

 つまり、

 「どうしてお客様が行動してくれないのか」

 という問いを立てきれていないわけです。

 お客様が成功(行動)していない…

 もっと言えば、

 【お客様の成功に寄与していない】

 という結果を、

 お客様自身のせいにしてしまっている、

 ということですね。


■こういった言葉から考えられることは、

 【お客様が動いてくれない原因は、
 お客様にある】

 という(ある意味誤った)思考に
 コンサルタントが陥ってしまっている

 ということでしょう。

 因果関係という面からも、
 良くないことがわかるのですが、

 もう一つ良くない点として、

 こういった考え自体が、
 そもそも

 【他責思考】

 であると言えるのです。

 逆は

 【自責思考】

 ですね。 
 
 つまり、端的に言えば、

 『こうなっているのは人のせい。』

 という思考になっているという状態。


■こうやって文章に起こしてみると、

 決してこのような状況は良いことでない
 ということが明白でしょう。

 しかしながら、

 当の本人はそういった意識自体を
 持つことができず、

 軽い気持ちで上述したような
 言葉を口走ってしまっている

 ということが、

 現実として少なからずあるわけです。

 お客様の幸せに貢献するため、
 商品やサービスを販売している以上、

 お客様が幸せになっていないとしたら、
 それはどういったことに原因があるのか、

 ということをしっかりと
 追求しなければならないと思うのです。

 そして、大切なのは

 【他責思考ではなく自責思考】。

 【悪いのは、全て自分である】。

 こういった考えを、
 しっかりと根底に着いておかないと、

 ビジネス自体が
 しっかりと良い方向に改善できない結果

 になってしまうのです。


■どういったことが原因で、
 お客様が動いてくれないのか

 ということを探ることが、
 まず大事であると言えます。

 ダイエットをしようとする際に、
 目標とする体重をまずは決めることでしょう。

 そして、

 その目標とする体重に近づくために、
 具体的な行動を検討していき、

 それを実行に移していきますよね。

 その際に、例えば

 『糖分を取らない』という目標を
 立てたとしましょう。

 そういった目標を立てたにもかかわらず、

 結果として糖分をとってしまった際に、
 糖分を取った自分が悪い、
 という結果だけにフォーカスする

 のではなく、

 【糖分を取った原因】

 を追求しなければ
 根本的な解決策には到達しないわけです。

 もしかすると、

 家に糖分の原因となるような食材
 (お菓子など)

 があるのかもしれないし、

 場合によっては、

 友人や得意先と糖分を取るような
 外食する、といった外的要因(誘惑?)
 があるのかもしれません。

 
■これこそが

 【真の原因】

 というもの。

 この真の原因を追求していかないと、
 根本的な問題解決にはつながらない

 というわけなのです。

 理論的には正しくても、

 結果にきちんと着目して、

 その結果を導いている原因をしっかりと
 追求していかなければ、

 決して問題解決には繋がりません。

 
■今回は少々辛辣な内容に
 なってしまいましたが、

 冒頭に書かせていただいた、

 『お客様が動いてくれないから結果が出ない』

 などという言葉は、

 【経営者として大変の無責任な言葉】

 であるように思えてならないのです。

 結果には必ず原因があるはず。

 経営者として、

 お客様の幸せにしっかりと貢献するために、
 問題となった【結果】を導いている
 その【原因】をしっかりと探って、

 最短距離でお客様の幸せに
 寄与していく方法を
 抜かりなく模索していきたいものです。

 世間的には、
 今日は3連休の最後。

 3連休の最後には、
 少々暑苦しい内容になってしまいましたが、

 しっかりと充実した、
 楽しい休日をお過ごし下さいませ。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ