福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > やる仕事を一つに絞ることの重要さ

2020年4月26日やる仕事を一つに絞ることの重要さ

【本日の活動】

・顧問先の決算業務のみ


こんにちは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

(外部ブログはこちら

 


■さて、4月も残すところあとわずか。

 今年の4月は、
 2月決算法人の確定申告に加え、

 いろいろな影響の下、

 3月決算法人の確定申告も
 多く同時に進めていかなければならない

 という状況。

 そして、

 新型コロナウィルス関係の融資関係の
 業務として、

 会計帳簿を早め早めに仕上げて
 いく必要があるという
 顧問先も多くあり、

 正直、なかなか大変です。

 
■ただ、このような状況で思うのは、

 【焦っても何も解決しない】

 ということ。

 こういう切羽詰まった時期だからこそ、

 冷静に対処していかなければなりません。
 
 あれもしないと、これもしないと…

 という状況に間違いはないのですが、

 一日あたりの可処分時間は
 限られているものであり、

 どんなに仕事を効率化をしても、

 その限られた時間の中で
 さばいていける仕事は
 大体決まっているのではないでしょうか。

 もしそうであるとするならば、

 【思い切ってやる仕事を限定する】

 ということが必要でしょう。


■これは以前の記事でも
 書かせていただいたことではあるのですが、

 まず

 【やるべきことを書き連ねる】

 こと。

 これをするだけで、
 かなり頭の中が整理されます。

 
■その次に、

 今日どうしてもやらなければならない仕事を

 【一つだけピックアップ】。


 今日はその仕事さえ終われば良い  と言えるもの。  『そんなの無理だ!』  というふうに思われるかもしれませんが、  その他の仕事は、本当に  どうしても今日終わらなければならない  ものでしょうか。  そういう問いを立てると、  意外とそうでもないということが  少なからずあります。  ただ、  どうしてもやはり今日中に  終えなければならないというケースも  なくはないでしょうから、  そんな時には、  もう一つだけ今日やるべきタスクを追加。  この今日やるべきタスクは、  できれば最大3つ程度にしておきたいもの。  3つを超えてくると、  思考回路がショートしてしまう可能性  が(私の感覚では)あるように思います。  そのタスクを立てた後は、  一つのタスクに費やす時間を決め、  後はただひたすら考えることなく、  そのタスクを潰すべく、  仕事をしていくこと。  そして、  【その仕事が終われば今日の仕事は終了】。  ここで大切なのは、  【追加の仕事をしない】  ということ。  これをルール化しておかないと、  常に仕事をしている状況になってしまい、  学びのための時間や、  家族との時間などの大切にすべき時間  をどんどん食いつぶしてしまう結果となり、  その時間を食いつぶすという行為は、  自らの将来における成長や幸せへと繋がる芽を  つぶしてしまうことになってしまいます。 ■在宅ワークに入って、  ただでさえ仕事とプライベートとのバランス  が取りにくい状況ですので、  積極的にそういった時間の棲み分けは  していきたいところ。  新型コロナウィルスにより  いろいろなダメージは  避けられないでしょうが、  特に精神的なダメージに関しては、  自分でコントロールすることにより  回避していきたいものですね。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ