福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > 意外と考えもしない【時間の生み出し方】とは

2020年6月29日意外と考えもしない【時間の生み出し方】とは

おはようございます。

【起業準備中から起業5年目までの経営ドクター】
税理士の村田佑樹です。

==================


■今日からまた1週間がスタート。

 それとともに、
 6月の終わりの週でもありますね。

 しっかりと6月がどのような月だったか
 を総括していきたいところです(^^)

 さて、今日は

 経営者の要とも言える

 【時間管理の仕方】

 についてのお話をしていきたいと思います。

 私自身が実行しているお話なのですが、

 徹底的にいわゆる事務作業を
 自分でしないことを心に決め、

 実行しているところなんです。

 具体的に言えば、

 スタッフへの作業の指示は、基本的に

 【すべて音声(録音)】

 で行い、
 
 スタッフからの疑問点への返事も、

 基本的に同じように
 すべて音声でしています。
 (もちろん、入力した方が早い時は
 キーボードで入力したりもしていますが。)

 場合によっては、

 ZOOMの画面共有機能を使って、

 私自身が税理士として会計をチェックする際、
 どのようにチェックしているかを
 スタッフにシェアしているところです。

 おそらく、(自分で言うのもなんですが…)

 スタッフにとってはこのZOOMの画面共有
 を使ってチェックの仕方を学ぶことができる
 ということはかなり効率的で、

 学びの深いものではないかと
 思っているところ。

■従来はChatworkを使い、  そのチャットに音声入力や  キーボードでの入力により、  メッセージを送信していたのですが、  これが圧倒的なタイムロスにつながっている  ということに気づき、  ここ最近はそのような事情から  音声をダイレクトにスタッフに送信している  という流れなんです。  そもそも、  キーボードに向かったり  音声で文字を入力するという行動自体、  どうも『難あり』じゃないですか?  これが結構億劫なので、  どんどん先延ばしにしてしまいがち  なんですよね(汗)。 ■ただ、  経営者がこのような事務作業の時間に  多くの時間を割いているとするならば、  これこそ経営においての大きな損害であり、  それが結果として経営の成長をストップさせ、  (もしくは、成長のスピードを著しく鈍化させ)  それがさらに派生し、  お客様の幸せに貢献することはもちろん、  スタッフへの人件費への反映という面でも  良くない影響が出てしまいます。  スタッフにとっては、  私の音声を聞いてそれを処理していく  ということは、  字が残らないため、  なかなか大変だとは思うのですが、  そもそも、  経営者である私の時間給と  スタッフの時間給には大きな差があり、  そのスタッフに伝えるための労力を  (ある意味)無駄に使ってしまうと、  その分利益が圧縮されてしまうんですよね。  これが自分に対する人件費だから、  目に見えない。  これが極めて厄介なんです。 ■実際経営者である自らが動くことにより、  経営者の命とも言える時間が  大きく圧縮されてしまう…  以前の記事の中でも再三書かせて  いただいていることなのですが、  これこそが経営における  大きな欠損なんです。  現状の課題としては、  この記事の作成は、  音声入力により自動的に文字を起こし、  それを加筆修正などして、  原稿として仕上げ、  それをまた自分自身でチェックして、  メルマガとブログにアップしている  という状況。  これが地味に結構時間がかかるんです… (笑)。 ■ただ、将来的には、  これもスタッフに音声で記事の内容を  送ることにより、  私自身はしゃべるだけで  全てが完結するという状況を  作っていきたいと思っています。  そうすると、  キーボードに向かう時間が  圧倒的に少なくなり、  それがそのまま私の経営者としての時間を  生み出すことにつながるんですよね。  こんな奇想天外なことを、  ここ最近はやっているところです(笑)。 ■いろんな場面で思うのですが、  常識を変えていく…  というより、  『常識なんてものは経営において  存在しないんじゃないか』  と私は思っていて、  常に経営者である自分にとっての  マイルールを、しっかりとその状況に合わせて  確立していくべきだと思うんです。  その先に、  本当にお客様の幸せはもちろん、    スタッフや、経営者である自分自身の  周りの人々たちの幸せに寄与することができる  未来が待っているはず。  少なくとも、  私はそのように確信しているところ。 ■なんて言うことを、  今日の記事で伝えたかった次第です。  私の具体的な事例はさておき、    【経営者としての時間の生み出し方】  という面では、  何かしら参考になるのではないか  と思っています(^^)  しっかりと経営者としての時間を大切にし、  今週も、そして今月も、  楽しくそして前向きに、  経営を楽しんでいきましょう! --------------------  《本日の微粒子企業の心構え》 ・経営者にとって時間こそ命!だと  改めて心得るべし。 ・誰にでもできるいわゆる【事務作業】は   段階的に手放し、経営をする時間を  しっかりと確保するべし。 ・経営において『常識』は存在しない。  常識は時に、単なる『思い込み』にすぎない。  しっかりと、極めて柔軟に、   変化していく姿勢を常態化すべし。 --------------------  今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ