福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 税務について > 「年末調整で調整されるから大丈夫ですよね?」ということへの回答

2021年10月25日「年末調整で調整されるから大丈夫ですよね?」ということへの回答

こんにちは。

【起業準備中から起業5年目までの経営ドクター】
税理士の村田佑樹です。

==================

■「今年の年末調整の書類を
 ご案内させていただきます。」


 10月も終わりに差し掛かり、
 そろそろ『年末調整』の準備をする
 時期となってまいりました。

 「今年こそは早めのご案内を(!)」

 ということで、弊所でも少しずつ、
 文頭の言葉とともに、
 現在年末調整のご案内を開始している
 ところです。


■年末調整とは、


 【『所得税』の年間の税額を確定させて、
 ざっくり徴収していた源泉所得税を
 最終的に調整をし、精算する】

 という業務となります。

 簡単に噛み砕いたつもりが、
 何だか難しいですよね…

 つまりは、

 【従業員の1年間の所得税を確定させる
 という手続き】

 ということになるわけです。


■そして、


 年末調整にかかわらず
 顧問のお客様より
 ご質問をいただく内容として、

 「給料計算が違っていたけど、
 これは年末調整で調整されますよね?」

 といったこと。

 結論として、これは

 【イエスでもありノーでもある】

 とも言えます。

 上述したように年末調整は

 【『所得税』を調整し確定していく】

 というもの。

 逆に言えば

 【それ以外の項目については
 調整はできない】

 ということになるんですね。


■そのような状況ですので、


 もし仮に上述した質問が

 『源泉所得税の額を誤っていた』

 ということであれば、
 最終的に年末調整で調整が可能なのですが、

 『健康保険料』や『厚生年金保険料』、
 『雇用保険料』や『住民税』などの
 源泉所得税以外ついて
 この天引きの額を誤っていた

 ということであれば、
 年末調整では調整されないため、
 このようなケースでは

 【給料計算のやり直しをすべき】

 ということになるわけです。

  ■現に、  税務署から交付されている  『源泉徴収税額表』で計算した金額と、  『市販の給与計算ソフト』で計算される  源泉所得税の額は往々にして違っている  ケースが少なからずあります。  ちなみにこちらが、   源泉徴収税額表。    https://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/zeigakuhyo2020/data/01-07.pdf  そして、  【市販の給与計算ソフト同士でも、  その額に差異が出る】  というのが一般的。  そのような事情からも、  【源泉所得税については、  そこまで厳密でなくても良い】  ということが理解できるわけですね(^^)。 ■とは言え、  『税務署の源泉徴収税額表と、  給与計算ソフトの税額が違っている』  ということは、  【従業員の毎月の給料の額が  変わってくるので、いかがなものか】  とも考えられますが、  これに関しては国税庁の方も、  【電子計算ソフトを使った場合の  源泉徴収税額の差異については、  これは例外的に認めます】  という旨を説明してくれています。 ■ということで今日は、  年末調整について、  とりわけ『源泉所得税』について  お話をさせていただきました。  「年末調整がどういったものか」  ということ自体がどうしても  混乱しがちなのですが、  【所得税を確定させる】  ということをまず第一に  考えておいていただけると  間違いないかと思います。  ちなみに、『源泉所得税』とは、  【給料から天引きする所得税のこと】。  こういったちょっとした用語の違いさえも  ややこしいですよね(汗)。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・『年末調整』は、  【所得税の年間の税額を確定させる作業】  である。 ・なので、毎月の給料計算が違っていた   状況下において、  それが『源泉所得税』が原因であれば  【年末調整で調整が可能】  であると言える。 ・しかしながら、これが  『健康保険』や『厚生年金』、  『雇用保険』や『住民税』であれば、  【これは調整が不能】  となるため、しっかりと  【給料計算のやり直しをすべきである】  と言える。 ・いずれにせよ、『給料計算』は  従業員からの労働力の対価として  正当に支払われるべきであるため、  【原則として1円たりとも誤ることなく、  その計算をすることを心がけるべき】  であると心得ておくべし。 今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ