福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > あの時買った【レ〇コップ】から想起するセールスの在り方

2021年11月3日あの時買った【レ〇コップ】から想起するセールスの在り方

■「そういえばあの時買った掃除機って
 どこにあるんかな?」


 というのは妻との会話。

 もう4,5年前になるでしょうか。

 某テレビショッピングで、
 布団のダニや埃を良く取れる掃除機を
 購入したんですね。

 その時は特段の必要性は
 感じていなかったのですが、

 何気に見ていたその番組内で語られた
 布団に潜伏しているダニの現状(?)
 を聞くことになり、

 「布団にダニがこんなに
 いっぱいいるのか…」

 という衝撃の事実や、

 「そのまま放置していては
 自分たちのみならず
 子ども達にも良くないよな…」

 というような気がして、即購入しました。

 しかしながら、実際に使用したのは
 3回ほどでしょうか…

 本当に魔法にかかったような
 不思議な感覚ですね(笑)。


■私は、


 事務所のホームページを
 開設しているのですが、
 その中に問い合わせのメールが
 少なからず来ます。

 しかしながら、
 問い合わせとは名ばかりであり、
 
 ほとんどは『営業』というのが現状で(汗)、
 冒頭から

 【怒涛の商品の案内】

 や、

 【売り込みの文句のマシンガン攻撃】

 が連なっているもの。

 当然のことことながら、
 ひとまず開封しては
 即座に迷惑メールへ振り分け。

 こういったものを
 送付されている当人としては、

 「100人のうち1人でも成約に繋がれば…」

 というものなのでしょう。
 

■同じようなことが、


 交流会などでお会いする方
 についても言えます。

 交流会のタイプにもよるのですが、
 往々にして、その名刺交換と同時に、

 その方の商品やサービスの
 PRがスタート。

 当然私の方はその人に会って初めて、
 その内容を聞かされたとしても
 まず聞く体制が全くできておらず、

 【どういった人かを知らないのに
 商品やサービスを購入する
 ということは大抵考える余地もない】

 というのが通常なんですね。


■逆に、


 もし自分が、
 こういった立場に立ったらどうでしょう。

 きっと私と同じような感覚に
 なるのではないでしょうか。

 ここで大切なのが、冒頭の
 私のような体験ではないかというところで、

 【商品やサービスを
 買うつもりもなかったのに、

 その必要性を、論理的・感情的に
 訴えかけられ、

 その見えないニーズに気付かされ、
 決して売り込まれたわけではないのに、
 自分の方から買ってしまった…】

 これがセールスの在り方ではないか

 と思う次第なのです。


■往々にして上述したように、


 『まず商品やサービスの売り込みから
 スタートする』

 という状況が多い中で、

 まずは売っている『自分自身の存在』
 を知ってもらい、
 (親近感を持ってもらい、)

 次に、『その商品やサービスを
 買わなければならない理由』
 を間接的に説明すること。

 これが直接的であれば、
 『売り込み』に聞こえるので
 注意が必要だと思うのですが、

 上記の順序で
 相手に訴えかけていかないと、
 せっかく買われるべき
 素晴らしい商品やサービスも買われない
 
 ということになってしまいます。

 そういった真実があるのにもかかわらず、
 大抵の場合は上述した、いわば

 【売り込み】

 になっている状況なんですよね。


■というわけで、


 商品やサービスをPRする前に、
 最初に人として自分のことを知ってもらい、

 【お客様がこの商品やサービスを
 買わなければならない理由】

 をしっかりと説明するとともに、

 次にその商品やサービス、
 ひいては経営者自身に

 【ストーリー】

 を持たせ、
 そのストーリーの力で
 相手に強い共感を生み、

 最終的には、お客様の方から

 「これはどうすれば買えるんですか?」

 と言われるような状況を作り出していくこと
 を考えてみてはいかがでしょうか。


■今日は、


 あの時買った掃除機(レ〇コップ)
 のことから、そんなことを想起し、
 記事を認めさせていただきました。

 …妻に聞いたところ、

 「数年前に引っ越したタイミングで
 処分してしまった」

 とのこと。

 そこそこいいお値段だったと思うのですが、
 実際に使っていなかったのだから
 まぁ仕方がないですよね…(涙)。


------------------

《本日の微粒子企業の心構え》


・一般に実施されている
 セールスの大半は、
 いわば『売り込み』と言えるような
 気がしてならない。


・これとは反対に、

 【自分自身が買わずには
 おれなくなり購入した】
 
 という経験はないだろうか。

 ここにセールスの真髄が
 秘められていると考えられる。


・お客様の立場に立って考えた際に、
 このような『売り込み』をされて
 自分であれば気分を害さないだろうか。

 
・しっかりと自らの商品やサービスに
 『ストーリー性』を持たせ、
 お客様が『買わなければならない理由』
 を言及し、

 お客様の方から

 「これはどうすれば買えるんですか?」

 と言ってもらえる状況を
 作ることを考えてみては
 いかがだろうか。


今日も最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ