福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > ランチェスター経営から見る【学び】について

2021年11月5日ランチェスター経営から見る【学び】について

■私の事務所では、


 新しく入ったスタッフに対し、
 まずは会計の学びをしてもらいます。

 具体的に言えば
 『日商簿記の3級』の資格取得を
 目指すこと。

 この資格に会計の要素が
 凝縮されているので、
 社会的にそこまで地位の高くない資格
 と捉えられがちなのですが、

 実務としてはまあまあ重要な資格
 だと思っているところです。

 こういったベースの知識なくしては、
 会計をやっていくことは
 難しく考えられますので、
 
 各自の学びの他、
 この日商簿記の3級の試験対策の研修を、
 私自身が実施している状況。


■さて、


 経営者としても、こういった
 『学習』は必須であるもの

 と私は思っています。

 結局のところ、経営には
 その先人が築いてきた英知があり、
 それなりのルールが存在していること
 が考えられますので、

 やはりそういった

 【知識のインプット】

 は重要と言えるでしょう。

 当然、インプットの次には

 【アウトプットをし、フィードバック
 をしてもらう】

 というフェーズに入っていくのですが、
 何はともあれ、いわゆる

 【緊急ではないが重要であること】

 という『七つの習慣』で言う

 【第二領域】

 の分野にこういった時間を
 割いていくことにより、

 学習をしていく時間を
 増やしていくことを
 考えなければなりません。


■その中で、


 ランチェスター経営で有名な
 竹田陽一さんの書籍である

 『「ランチェスター経営」がわかる本』

 の中で言及されていることとして、

 【社長の実力は、
 良い教材と学習回数で決まる】

 ということがあります。
 
 ↓こちらがその書籍↓

 「ランチェスター経営」がわかる本
 
 そして、  【学習効果は  『素質×教材の質×学習回数』  によって決まる】  ということもまた  書かれているんですね。 ■結局のところ、  『素質』も  もちろん重要なのですが、  【どういった教材を使うのか】  ということと、何より  【学習する回数】  を増やしていかないことには、  経営力の向上を考える上での学習  と考えると、成果が現れることが  難しくなってしまう  と考えられます。  同書に書いてある目安としては、  【従業員10人規模の会社であれば、  1ヶ月に2日間、1日あたり6時間、  合計12時間が目安となり、  これを1年間にすると24日間、  合計144時間】  とのことです。

■そして、  これに見合う学習の『費用』としては、  従業員10人以下の会社では    【年間で約25万円になる】  ということ。  逆に言えば、  年間でこの『25万円』という  研修費を使っていない状況だと、  【もしかすると経営に対する  学びが足りてない】  ということが考えられます。 ■スタッフには、  日商簿記3級の教材を  提供しているのですが、  これも大変申し訳ないことに、  低価格の教材を提供している状況(汗)…  これについてはこの書籍を読むと  反省する限りなんですね。  それを補うため…  というわけではないのですが、  私自身がこの日商簿記の3級を  スタッフにとって分かりやすくすべく、  解説を加えるようにしているわけです。  これにより教材の質が  上がっていれば良いのですが…(滝汗) ■ということで今日は、  経営において必要な『学習』について  記事を書かせていただきました。  最近あなたは、経営者として  【学習】をしているでしょうか。  これは私の場合ですが、  【第三者にコンサルティング  をしてもらったり、  先人の知恵が凝縮されている書籍を読む】  ということは、  かなり重要ではないか  と思っているところです。  多忙な日々ではありますが、  しっかりと上述した  【第二領域】  の時間を毎日15分でも天引きして、  その経営の学習も  進めていきたいものですね(^^)。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・経営を進めていくにあたって、  【その学習をすること】  は必須であると言える。 ・『ランチェスター経営』の  竹田陽一さん曰く、  【学習効果は  『素質×教材の質×学習回数』  によって決まる】  とのこと。  そして、その年間の費用としては  【25万円】(従業員10人以下の場合)  が目安。 ・どうしても多忙な日々ではあるものの、  しっかりと【第二領域】の時間を天引きし、  こういった  【学習の時間に充てていく】  ということも極めて重要であると言える。 ・時間を生み出そうとしても  なかなか難しい点もあるため、  【無駄な時間はないか】  ということを洗い出すとともに、  【移動時間などの隙間時間を  こういった学習の時間に充てることが  できないか】  ということも今一度考えたいものである。 今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ