福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > スタッフの【雇用や教育】について思うこと

2021年11月28日スタッフの【雇用や教育】について思うこと

■いろいろな経営者の方と
 お話をさせていただく中で、


 【経営が進むにつれて
 『人手不足』の問題に直面している】

 という状況が少なからずあります。

 そんな中で、その運営が
 スムーズに進まないのが
 『雇用』について。

 そもそも人手不足に関しては、

 『雇用』の他、『外注』などの
 手立ても考えられるわけですが、

 雇用となると、
 自社の業務にどっぷりと
 浸かっていただくものになるため、

 その仕事の進め方にも
 しっかりとした配慮が必要となります。

 雇用契約を結んだとは言え、
 どうしても経営者の思い通りに
 スタッフに動いてもらえず、
 経営的に厳しい状況になる

 ということも考えられるでしょう。


■その際に考えたいのが、


 【将来的にどういった方向性に
 経営を持っていきたいのか】

 ということ。

 そもそも、少数精鋭で
 経営を進めたいのであれば、
 その雇用についても『限定的』
 にすべきであるかもしれませんし、

 逆に、自社のメンバーとともに
 経営を進めていきたいのであれば、
 『チームの力』が必要になるかも
 しれません。

 そして、『チームの力』が
 必要となる場合に考えるべきことが、

 【社員の特性を
 どのように伸ばしていくか】

 ということ。

 当然スタッフについても『人』ですので、

 『良い点も』あれば、
 『経営者にとって良くないと思われる点』

 もあるかと思います。


■ここで大切にしたいのが、


 【良くない点を注視するのではなく、
 良い点を伸ばしてあげる】

 という視点。

 とは言え、これはいろいろな
 考え方があり、

 【良くない点を良くする方向に
 持っていく】

 のも一つの選択肢かと思いますし、
 上述したように

 【良い点をより伸ばしたり、
 自社の適材適所の考えで
 適切な箇所に配置することにより、
 大きな効果を発揮する】

 ということも期待できます。


■しかしながら、


 【独り立ちをしてもらいたいため、
 全ての業務をこなしてもらえる
 ようにしたい】

 という経営者の想いもあることも。

 このような状況であれば、
 経営にとってスタッフの不足しているで
 あろう点を伸ばしていく
 という視点が必要なのでしょうが、

 もしかすると、そのスタッフの特性上、
 期待通りに伸びていくということが難しい

 ということも
 往々にして考えられるわけです。


■その際に検討したいのが、


 【スタッフ同士で良い点について
 補い合っていく】

 ということ。

 【Aさんが得意としている分野が
 Bさんは苦手であるかもしれませんし、
 逆にAさんが苦手な分野が
 Bさんが得意であるかもしれない】

 ということです。

 そうなると

 【二人を掛け合わせることにより
 大きな効果が期待でできる】

 と言えます。

■その一方で、  一人ひとりに  一人前になってもらおうとするには、  この方法では、  【できない点をできるようにする】  ということが難しい状況に  なってしまいますよね。  このベースとなってくるのが  冒頭に述べた、  【経営者として自社の経営を  どの方向に持っていったら良いか】  ということなのかなと。  その背景には自らの『QOL』  が関係してくるものであり、  そのQOLに反する経営の方針となると、  【自らのQOLの欠損に繋がるのは  もちろんのこと、  そのことによりスタッフにも  そういったストレスが伝わってしまう】  ということもまた考えられます。  ※QOLについては、こちらをご参考に。 QOLとは

 そのようなことから考えると、  雇用を検討する前に、  【まずどういった視点で  経営を展開していきたいか】  ということを考え、  【そこに紐付ける形で雇用の仕方や  スタッフの教育の仕方を検討する】  ということが  重要なのかもしれませんね。 ■ここ最近、  いろいろな経営者の方と  お話をする中で、  『雇用』に関することが  多く話題に上っている状況でしたので、  今日の記事ではそのことを  書かせていただきました。  根本のお話をすると、  【スタッフであっても  経営者であっても『人』と『人』】  ということ。  【しっかりとその人と人との繋がりを  重視した経営を意識する】  ということがまず第一に  大切なのかもしれません。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・経営を展開していくにあたり、  【人材の確保】は必須であると言える。 ・その人手を確保するには、  雇用のほか外注も考えられるが、  雇用をしていく場合には、  【そのスタッフの特性を注視し、  どのようにその特性を捉えていくか】  を考えることが重要である。 ・大切なのは、  【経営者自らのQOLから逆算して、  どういった雇用の仕方や  スタッフの教育の仕方が適切であるか】  ということを考えること。  これを抜きにして  物事を前に進めようとしても、  往々にしてそれは『目標のない航海』  となってしまい、  フラフラと的を得ない経営になってしまう  というもの。 ・しっかりと、  【経営者のQOLから目的・目標を捉え、  自社に適切な雇用や教育の仕方を  検討すべきである】  と言える。 今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ