福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 税務について > 源泉所得税をクレジット納付する際の注意点

2021年12月8日源泉所得税をクレジット納付する際の注意点

■「国税局から通知が来たのですが…」


 12月は『年末調整』の時期。

 年末調整は、

 【給料から毎月天引きしている
 源泉所得税の年間分の精算をする】

 という手続き。

 そして、その源泉徴収をした所得税は、
 給料から多く天引きしてしまっていたもの
 については従業員に【還付】をし、

 その還付をした後の残りの適正な
 従業員の1年間分の所得税については、

 【従業員に代わって
 会社が税務署に納付する】

 という仕組みなんですね。

 その納付の際に、
 通常通り『納付書』により
 『現金』にて納付する方法のほか、

 場合によっては『ダイレクトバンキング』
 (銀行口座からの直接の払い込み)
 であったり、

 また場合によっては
 『クレジットカード』により納付すること
 も可能となります。

 今日はその『クレジットカード』にて
 納付する場合について。
 

■これは少し前に


 とある税務署から連絡があった
 ことなのですが、

 【今後このクレジット納付の管轄が
 各税務署から『国税局』に
 その担当が移行される】

 とのことなんですね。

 そんな中、従来通りの
 クレジット納付の方法では、
 その把握がしにくいため、

 「今後は【e-Tax】から納付してもらう
 方法に統一してもらいたい」

 というようなお話でした。

 その一環としてなのでしょうが、
 ここ最近、国税局より

 【クレジットカード納付を
 ご利用される方へ】

 というタイトルの案内が
 送付されているようです。

 従来クレジットカード納付については、

 『国税 クレジット納付』

 などとして検索をした結果、
 第一にで出てくる

 『トヨタファイナンス』

 のページより直接クレジットカードにより
 納付をしていたところなのですが、

 今後はその方法ではなく、

 【e-Taxに格納される
 メッセージボックスより
 直接その『国税クレジットカード納付』
 のサイトに飛び、そこから納付をしていく】

 という流れになるんですね。

■そこで問い合わせが多いのが、  「従来の納付方法により納付した  税額については大丈夫なの?」  ということ。  結論として言えば、これは  【大丈夫である】  ということになります。  【納付方法が今後異なってくる】  というだけで、    【上述したサイトより  直接納付する方法においても、  納付は適正にされている】  ということになります。  その点はご安心くださいね。  ただ、今後は上述したように、  【e-Taxのメッセージボックスを経由して  クレジット納付をしていく】  ことになりますので、その点は  十分に注意するようにしましょう。 ■というわけで今日は、  【クレジットカード納付の納付方法が  今後変更になってくる】  ということについて  お話をさせていただきました。  当然、従来より  『e-Taxのメッセージボックス』  から納付していた方につきましては、  その方法で何ら変わりありませんので、  今回の記事は読み流していただいて  結構です。  しかしまぁ、国税局からのお手紙は  なんだかドキッとしますね(滝汗)。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・ 12月は年末調整を通じて  【税務署に源泉所得税を納付する時期】  となる。 ・納付の方法として、『現金納付』のほか  『クレジットカード納付』  もあるわけであるが、  この『クレジットカード納付』については  【e-Taxのメッセージボックスを経由して、  そこからクレジットカード納付に進む  納付方法となること】  を心得ておくべし。 今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ