福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 税務について > 【法人化】にあたり検討したいこと

2022年1月17日【法人化】にあたり検討したいこと

あっという間に月曜日。
この繁忙期は、週末の動きがすごく早く感じます。

土日でかなり仕事が進んだため、
かなり意気揚々と週明けの雰囲気を
楽しんでいます(笑)。

さて、本題です。


----------------------



■私が税務相談に乗らせていただく中で、


 少なからず『法人化』についての
 相談をお受けすることがあります。

 これは以前の記事の中でも
 何度も触れさせていただいていること
 ではあるのですが、
 
 法人化にあたっては、
 『税務の有利不利』の判断のほか、

 【社会的信用】

 といった面で検討することが必要です。

 (↓参考記事↓)

 https://note.com/muratax/n/nbdc8aa41b06b

 https://muratax.com/2020/06/30/2899/


■まず、


 『税務』の面から言えば、

 【法人から代表者である自らに対する
 『役員報酬』を支給した結果、

 個人と法人の税負担のバランスが
 どのような状況になっているか】

 ということをまず考えていくことに
 なります。

 ただ単にそれだけではなく、

 『社宅』を利用した節税や、
 『出張旅費』を利用した節税
 などを総合勘案し、

 【その税務のメリットデメリットを
 判断していく】
 
 ことが必要なんですね。


■税務に関して言えば、


 その他にも『社会保険料』であったり、

 【その方が個人的な事情により
 抱えていらっしゃる問題を
 適切にヒアリングして、
 最適な役員報酬を設定する】

 こともまた重要で、

 【役員報酬を支給することにより
 上述した有利性が見られたら法人化する】

 という選択を取ることもある
 というわけなんですね。


■そしてもう一点が、


 『社会的信用の面からの
 法人成りの検討』について。

 これは読んで字のごとくなのですが、
 法人は個人事業主に比べ、

 【『株式会社』などのいわば
 ネームバリューが付いてくるため、
 外部の取引先からの信頼を得られやすい】

 という面があるわけです。


■その他、


 法人は基本的に『社会保険』に
 加入すべき義務がありますので、

 【従業員の雇用の面からしても、
 従業員が安心してその会社に応募できる】

 ということもまた考えられるわけですね。

 そういった状況から考えると、
 その社会的信用を置かれている
 自社としても、いわば

 【公明正大で明瞭的な
 会社の状態にしておくこと】

 が必要ではないかと私は思うところ。


■というのも、


 往々にして、
 特に一人社長の場合に
 多く見受けられるのですが、

 【法人と個人の区分けが
 しっかりできておらず、
 いわゆる『どんぶり勘定』になっている】

 というケース。

 そのような『どんぶり勘定』の状況では、
 適切な経理ができないわけですし、
 何より

 【経営状況の実態が極めて見にくくなる】

 という状況が考えられます。

■逆に、  法人と個人の区分けを明確化し、  【法人の経費は『法人の経費』、  個人の経費に関しては  『プライベートの支出』として、  法人からもらう役員報酬の中から支払う】。  この基本的なスタンスを  徹底することにより、案外簡単に  【会計の明瞭化】  ということが実現できるというもの。  逆に、自分の会社であるからといって、  【俺のものは俺のもの、  会社のものも俺のもの】  といういわばジャイアン的思考で  経営をしていては、  その明瞭化が実現できないのは  もちろんのこと、    【従業員や得意先などへの  対外的な信用】  についても危うくなるのでは  ないでしょうか。 ■いろいろな観点から  この『社会的信用』について  述べてきましたが、  法人化するにあたっては、  こういった  【個人と法人を明確に区分し、  法人において適切な会計処理をし、  その経営成績の実態を的確に  財務諸表に表していく】    ということが極めて重要である  と私は考えています。 ■そのように、  しっかりとした  【個人と法人の区分け】  をすることにより、  経営者としての  気持ちも高まるものですし、  何より、そういった  【公明正大な経営行動を実践している】  という自負にも繋がり、  【自信を持って経営をすることができる】  という面も期待できます。 ■どうしても少数の会社であれば、  法人と個人がごっちゃになって  しまっている状況も考えられますが、  できるだけ早急に、  そういった体制を改めて、    明確な、なおかつ公明正大な  経営の姿にしていきたいものです。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・少数の会社ほど、法人と個人の区分け  ができておらず、いわゆる  【どんぶり勘定の経営】  になってはいないだろうか。 ・法人はその知名度において、  【社会的信用】  を一般的に得られるもの  と考えられる。  そのような中で、  法人と個人の区分けが  出てきていないことにより、  【逆に社会的信用を失うような状況】  になってはいないだろうか。 ・法人において真に求められるのは、    【公明正大で明瞭な会計】    であるように考えられる。  そのような会計をすることにより、  経営状況の実態を如実に反映でき、  その後の経営の展開も思索しやすいのでは  ないだろうか。 ・【社会的信用】という面で、  特に会計や経理の面において  公明正大で明瞭な会計処理が  できていないとすれば、  【そのような本来のあるべき会計の姿に  していくには、  どのような経営行動を取っていけば良いか】  ということを今一度考えたいものである。 今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ