福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 税務について > 法人の場合の【資本金】の考え方

2022年1月31日法人の場合の【資本金】の考え方

■事業をスタートするにあたって


 【個人事業主でスタートするのか、
 法人としてスタートするのか】

 ということはなかなか難しい
 テーマではないでしょうか。

 その他にも個人事業から
 法人成りをするタイミングについても
 いろいろな観点からの思索が必要である

 と言えます。


■その中で

 
 『法人』となると、
 いろいろと決めないといけないことが。

 その中の一つとして

 【法人名】

 があります。

 法人名は悩み出すと
 なかなか決まらないものですよね…

 その他にも

 【事業年度(何月決算にするのか)】

 そして

 【資本金を決定する】

 ということもまた考えられます。


■ここでは、


 『株式会社』について見ていくのですが、

 【資本金は株主が会社に出資をした金額】

 というのが原則の考え方になります。

 多くの場合は自分が作る会社ですので、
 スタートの株主は自分一人。

 そして

 【その会社に出資する金額も
 自由に決めることができる】
 
 というわけですね。


■そんな中で、


 【どういった金額を資本金として
 会社をスタートするか】

 ということなのですが、

 資本金は『株主からの出資金』
 という意味合いではあるものの、
 その株主は自分自身なので、
 なかなかピンとこないものですよね。

 そんな中、
 資本金を違う視点で見た際に、

 【外部の信用力】

 といった見方をすることもできます。

 結局のところ、
 資本金が多ければ多いほど、

 「この会社は本気なんだな」

 と思われ、その信用力が高まるものですし、
 逆に極端に少ない金額だと、

 「表面上会社を作ったに過ぎないのかな…」

 と思われてしまっても
 不思議ではありません。


■そして、


 この資本金は、

 【今後会社を運営していく上での
 軍資金である】

 とも言えます。

 この会社に出資をした際の
 会計帳簿の処理としては、

 『資本金』という純資産が増えるとともに
 『現金』という資産が増える

 という処理をするんですね。

 この

 【資本金が増えて現金も増える】

 というのが、会社が誕生した瞬間の
 会計処理となります。

■そして、  通常の場合その現金を  会社の通帳に入れるのですが、  場合によっては  【会社の通帳には入れずに  現金のまま置いておく】  ということも考えられるでしょう。  とは言え、その『現金』という項目は、  実際にその現金そのものが手元にある  というよりは、  『個人の財布に入っている現金を  会社のものにした』  という状況を表すためのいわば  【架空の現金】  という表現が適切なように感じます。  したがって、  資本金と同額の現金が  会計帳簿に載っていたとしても、  【それは実際には  会社には存在しない現金】  ということなんですね。  そのように考えると、  極力この架空の状況である現金  という存在は避けたいので、  【早期の段階で  この資本金に相当する金額を  個人の通帳から会社の通帳に移したい】  というところ。 ■ここで先程のお話に戻るのですが、  【資本金は会社の軍資金】  ということでした。  当然軍資金ですので、  それを上回る支払いが  会社からあった際には、  【その時点で会社は  資金ショートしてしまう】  ということになります。  そういった際にはどうするのでしょうか。  そんな際には  【個人が法人に現金を入れて、  その現金を会社の運営資金に使っていく】  ということになりますよね。  これが俗に言う  【代表者借入金】  と言われるもの。 ■結局のところ、  軍資金である資本金を  使い切ってしまった後は、  【その代表者から会社が借入をし、  その代表者のプライベートのお金を  会社の運営資金に回していく】  ということになるわけです。  したがって、ごく少額の資本金を  会社の資金としているとしたら、  【それに伴い、  代表者借入金が増加してくる】  ということも一般的な現象です。 ■『資本金』については  いろいろな考えがあるのですが、  感覚として、『対外的な信用』  を考える上では    【100万円以上の資本金に設定すること】  をオススメいたします。  これは私の感覚ではあるのですが、  『数十万円の単位』までの資本金となると、  何となく見た目が悪いような印象を  受けてしまうものなんですね。  そのような気付きがあった際に、  増資をして資本金を増加させることも  可能なのですが、  そうなると、法務局に登記している  情報を変える追加の費用が  かかってくることになります。   ■会社の設立にあたり、    特に『資本金』については    スタートの段階で、  その想定し得る未来を鑑みて、  適切な額を設定するようにし、  そして、その額を早期に  普通預金に入金するようにしましょう。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・法人設立にあたり、  【資本金の金額を決める】  ということは重要な項目の一つである。 ・往々にして『対外的な評価』  を得ようとする際には  【100万円以上の資本金に設定すること】  が有効であるものと心得ておくべし。 ・法人のスタートの段階では、  この資本金は【現金】として  帳簿上計上されてくるものであるが、  これは【架空の現金である】  とも言えるため、  その存在を明確にするべく、  【早期の段階で個人の通帳から  法人通帳にこの資本金相当額を移すこと】  を検討したいものである。 今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ