福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 税務について > 王道の節税を使ったのちの【攻めの一手】

2022年6月17日王道の節税を使ったのちの【攻めの一手】

■以前の記事の中で、


 何度か『金持ち父さん貧乏父さん』
 について触れさせていただきました。

 <2022.5.11【不動産】について税務と
 投資の面から考察してみる> 
 https://muratax.com/2022/05/11/5189/

 どのような内容かと言えば、
 この中での

 【資産の定義】

 についてのこと。

 ここで言う『資産』とは

 【持っているだけで
 お金を生み出してくれるもの】

 ということでした。

 今日はそのことから
 お話を続けていくことにいたします。


■経営を続けていると、


 【その経営成績が向上することにより、
 多くの利益が上がってくる】

 ということも考えられます。

 スタートとしては

 【個人事業から法人成りをし、
 そしてまた法人で
 利益が大きく上がっている】

 という状況ですね。

 その次のフェーズでは

 『法人と個人の税負担のバランス』
 を考慮して最適な方策を練るわけですが、

 最初に考えることとしては

 【役員報酬を設定する】

 ことでしょう。

 役員報酬を上手に設定することにより、
 
 【個人と法人の税負担の
 バランスが最適化する】

 ということですね。


■その中で考えたいのが、


 【出張旅費】と【自宅を社宅化する】

 ということ。

 詳細は割愛しますが、
 この二つの策を検討することにより、

 法人から個人に払う役員報酬を
 少なく抑えることができ、

 【結果として所得税や住民税、そして
 社会保険料を軽減することができる】

 ということに。

 
■とは言え、


 【税率の最適だけを考えているようでは、
 個人の財布が寂しくなってしまう】

 というもの。

 というのも、法人から個人へ
 お金を移そうとする際には、

 原則として

 【役員報酬として払い出すほかない】

 からです。

 そうなると、

 【法人から個人に役員報酬として
 お金を移しながら、
 個人の方で節税をしていく】

 ということが考えられますね。

 そのように考えると、個人において

 『小規模企業共済』や
 『iDeCo』や、場合によっては
 『個人年金に加入すること』

 も考えられるかもしれません。

 是非はともかくとして、
 手段として考えられるということに
 ここではとどめたいと思います。

 
■そして、


 それでも手を尽くした際には、

 【少し攻めの節税】

 をすることも。

 その中の一つとして挙げられるのが、

 【不動産の購入】。

 ここで先程の
 金持ち父さん貧乏父さんの
 資産の定義に戻るのですが、

 単に不動産を買って自分が住むだけでは、

 持っているだけで
 お金を生み出してくれるもの
 とは言えないわけですので、

 これは
 
 【資産でなく負債になってしまう】

 というもの。

 しかしながら購入した不動産を
 資産にしようとするためには、

 【持っているだけでお金を生む状態】

 にしなければなりません。
 
 そのように考えると、

 【購入した不動産を賃貸に回す】

 ということが考えられるでしょう。

    ■ここで注目すべきが、    【購入した不動産の『建物部分』  については経費処理ができる】  ということ。  『経費処理ができる』とは、  【減価償却を通じて  少しずつ経費にすることにより、  初期の段階では不動産所得で  赤字を作ることができ、    その不動産所得の赤字と  個人が法人からもらっている  役員報酬の給与所得を相殺することにより、  税負担を少なくできる】  ということなんですね。  購入する不動産により、  耐用年数の長短が分かれますので  ここは慎重に決めるべきであるのですが、  ちょっとした攻めの節税でなおかつ  資産の定義に合致するものとして、  この『不動産』を考えるのも  場合によっては良いかもしれません。   ■またこの『不動産』については、  『個人で買う』のも良いし、  『法人で買う』ということも  場合によっては考えられるかと思います。  節税対策で不動産を買うのは  少々抵抗があるものですが、  【将来的に賃貸に回し  そこから収入を得る】  ということを考えると、  【節税+資産】  ということで良い状況が  生まれるかもしれません。 ■というわけで今日は、  法人と個人の節税の全体的な流れと  少し攻めの不動産投資ついて  お話をさせていただきました。  法人の規模が一定のレベルを超えると、  こういったちょっとした  【攻めの節税】  をすることも考えられますので、  経営の改善とともに、こういった  有意義な対策に知恵を絞るのも  良いかもしれません。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・法人の経営成績が上がっていくと、    【そのステージに応じた  節税対策を検討すべき】  と言える。 ・その一つとして、  『金持ち父さん貧乏父さんの言う  資産の定義』に照らしあわせて、  【持っているだけでお金を生むもの】  ということを意識したいところ。 ・その中の一つの例として、  【不動産投資】  が挙げられる。  少々攻めの方策ではあるものの、  場合によっては初期の段階で節税をし、  後にはキャッシュを生むことにもなるめ、  場合によってはそのような  ちょっとした攻めの節税も   検討して良いかもしれない。 今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ