福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > つまるところ「休んでいる暇はない」というお話

2022年6月30日つまるところ「休んでいる暇はない」というお話

■「村田さん最近落ち着きましたか?」


 ということをよく聞かれるように
 なりました。

 というのも、5月までは3月決算法人の
 対応に追われていたわけですが、

 【一般的に、通常の場合6月から
 税理士業界の忙しくない時期に
 入るから】

 ということなんですね。

 例年であれば比較的
 のんびりしている時期なのですが、

 今年に関して言えば
 逆にやることがたくさんで
 時間が足りない位の状況です。

 
■これは、


 以前の記事でも
 書かせていただいたのですが、

 【目標設定】

 に紐付くお話なんですね。

 <2022.6.15目標は【希望+悲観】
 で設定を!>
 https://muratax.com/2022/06/15/5312/

 その時に書かせていただいた

 【悲観される未来に杭を打ち
 目標設定をしたところ、
 全くもって現状の目標では足りない】

 ということが、
 少なからぬ場合、明確になります。

 そんな中で、

 【本業が落ち着いているからといって、
 ただのんべんだらりと過ごすわけには
 いかない】

 ということなんですよね。

 仕事が落ち着いているからこそ、
 経営に対するさらなる思索を深め、

 圧倒的な思考量と行動力をもって
 経営を前に前に進めていかなければ
 なりません。

 
■そして往々にして、

 
 この『前に進もう』とする気持ちは
 数時間も持たないように感じます…

 そのことから考えると、
 何が前進する意欲に繋がっているか
 と言えば、

 【これこそが目標設定であるとともに、
 この目標を定期的に見直すこと】

 なんですね。

   そのように考えると、  【常に目に付くところに  この目標を貼っておいたりするなど  目に留まる環境を作ること】  が大切であると言えるでしょう。 ■「ダイエットをしよう!」と思い、  食事制限をしようとはするものの、  一日経った頃には、空腹に負けてしまい  食事に手を伸ばす  ということはないでしょうか。  これは  【ダイエットの本来の目的を  忘れてしまっている】  ということが少なからずあるように  感じています。  ダイエットの究極の目的は、  【健康の状況を保つこと】  であるかもしれないし、  【とあるイベントに参加するために  体の状態を良くしておくこと】  かもしれないし、ケースバイケース  ではあるかと思うのですが、  重視すべきは  【何を目的としているか  ということを常に見据えておく】  ということなんですね。  【これを見据えない限りは、  目前の空腹感に負けてしまう】  というもの。 ■これは、  目標設定においても同じで、    【常に設定した目標を  見返す習慣が付いていないと、  あっという間に現状の経営の思考に  陥ってしまう】  というものです。  しかしながら、先ほど述べたように、    【ボーッとしている暇は一切ない】  と言えます。  とは言え、やはりオンオフの  切り替えは必要。  休むときは休むべきである  とは思うのですが、  【仕事に費やすことのできる時間を  圧倒的なパフォーマンスをもって、  その経営の思索と行動に移していく】  ということが大変重要であるように  感じている次第です。 ■本当に、  この『目標設定の効果』は  計り知れないものであるように  感じています。  逆に、  【未来を見据えない限りは、  今日の行動が決まらない】  というものではないでしょうか。  しっかりと、未来に杭を打ち  現状とのギャップを把握し、  そこを埋めるために  【今日、今、この瞬間何をすべきか】  ということを常に考え、経営者として、  そして一人の人間として  思索と行動を続けていきたいものです。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・目標設定をして  実際に行動しようとしても、  【その意欲は大半の場合  数時間も持たない】  というもの。 ・そのように考えると、    【目標設定をした当初が一番意欲的】  ではないだろうか。  したがって、  【その目標を  常に目に見える状態にしておき、  思考すること、行動することを  絶やさないようにしておくこと】  が重要であると言える。 ・通常の場合、目標設定をして  その目標に近づけようとする場合、  【往々にして時間が足りない】    というもの。  したがって、  【経営においては、  のんびりとしている時間などない】  と言える。   ・常に経営に関する思索を続け、  未来と現状へのギャップを埋めるべく、  常に行動を続けていきたいものである。 今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ