福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > 今年の目標を見返して、「今」動ける姿勢を整える

2022年7月25日今年の目標を見返して、「今」動ける姿勢を整える

■7月も、もう終盤に差し掛かり、


 今年も残すところ
 あと5ヶ月程となりました。
 (本当に早い…)

 さて、年始に立てた目標の達成具合は
 いかがでしょうか。

 私はと言えば、当初立てた
 (かなり)高い目標を達成できておらず、

 「これからまたさらに
 エンジンをかけていかないといけないな」

 というところ(汗)。

 
■そもそも、


 立てた目標がどのようなものか
 によるのですが、

 かなり高い目標を立てているとすれば、
 
 【それはもしかすると、
 現在の動きの中では到達し得ない】

 という現実があるかもしれません。

 では、その『到達し得ない目標』に
 どのようにすれば
 到達できるのでしょうか。

 これに関しては、
 いろいろな解があるかと思うのですが、

 【何かしらのパラダイムシフト】

 を起こさない限りは、
 到達することができないかもしれません。

 
■場合によっては、

 
 【経営の効率化】

 が必要かもしれませんし、

 これは考えてほしくないことですが、

 【睡眠時間を削る】

 ということも視野に入れる方も
 いらっしゃるかもしれません。

 少なくとも確かに言えることは、
 
 【モグラを叩き続けたとしても、
 根本的な問題解決には一切ならない】

 ということ。

 大切なのは、

 【モグラ叩きの大元の電源を断ってしまう】

 ということなんですよね。

 
■ただ、


 多くの経営者の方と接していると、
 どうしても

 【このモグラを叩き続けて
 自転車操業的に毎日を終えられている】

 ということが少なからず
 見受けられる次第です。

 かく言う私自身も、開業してから数年は
 このような状況だったのですが(汗)、

 ここに来てようやく
 実務がだんだんと手を離れ、

 次第に

 【どうやってモグラ叩きの電源を
 断っていこうか】

 ということを模索し続けている状況。


■『モグラ叩き』は典型的な例ですが、


 もしかするとあなたも、同じような
 自転車操業的、
 あるいはラットレース的な
 経営を進めているかもしれません。

 <ラットレースとは>
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9

 しかしながら、結論から言えば、

 【それは極めて危険である】

 と言わざるを得ないかなと。

 分かりやすく俯瞰をしてみると、

 例えば『1年前の今日』と
 『それから1年経った今日』
 を比較してみるとどうでしょう。

 もしかすると、

 【やっていることがほぼ変わらない】

 ということはないでしょうか。

 かく言う私自身も、従来はそうでしたので
 その状況は痛いほどよく分かるのですが、

 そのように

 【変わっていない状況】
 
 ということは、

 【経営、ひいては人生において進歩がない】

 ということもまた
 言わざるを得ません。

 そのようなことから考えると、

 「モグラ叩きの電源を
 どうやって断っていくか」
 
 ということを考える時間を設ける
 ことが、
 
 まず第一に大切なのではないでしょうか。


■どうしても日々の業務に追われていると、


 こういった時間を
 何となく分かってはいるものの

 蔑ろにし、見て見ぬふりをし、
 日々を過ごしてしまいがちなもの。

 ただ、本質的に大切なことは、そういった

 【モグラ叩きの電源を断つような
 根本的な経営や人生についての思索】

 なんですよね。

 私自身がそのことを本当に痛感しており、

 実際のところ、定期的に…
 というより毎日、

 場合によっては
 数分であることもあるのですが、

 【経営や人生の思索をする時間】

 を設けるようにしています。

 そうしたところ、
 
 【目の前の景色が変わってきて、
 種々の変革を進めることができている】

 というところ。

    ■しかしながら、  そういった  【時間を天引きすること】  自体が、自分一人では  なかなか難しいものですよね…  そこで今回は、その  【時間を天引きする機会】  を設けるべく、  企画を作らせていただきました。  具体的には、  【有志の方々でその場に集い、  各人それぞれが、  短時間で高い集中力をもって  経営についての思索をする】  ということ。  そして、これは経営についての  思索のみならず、  【人生について】    の思索も大いに含まれます。  経営者でない方についても、  その人生の目標に到達するために、  また目標自体を持っていないとすれば、    【目標を立てるとともに、  どうやってその目標に到達していくか】  ということを考える時間を  天引きする時間となることでしょう。  ちなみに、参加者同士の交流はありません。  交流が目的でなく、  自分との対話が目的となる機会です。 ■具体的な日については、  【8月5日金曜日の13時~21時】  を予定しています。  当然そんなに長丁場で  皆さんを拘束するはずもないのですが(笑)、  『第一部』『第二部』と分けて、  (第一部と第二部は同じ内容です。)  それぞれの時間を3時間ずつほど設け、    その時間において集中して  経営や人生についての思索をする時間を  設けることができれば…  というところです。  これについてはまた追って  ご案内を差し上げますので、  ひとまずは経営の思索をするためにも、  スケジュールの確保をお願いできれば  と思っています。   ■もしかすると、  【この日が経営や人生にとっての転機】  になることも考えられます。  ぜひ現時点で予定が空いているのでしたら、  予定の確保をしていただくと  良いかと思いますので、  ぜひご検討ください。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・日々に忙殺されていると、    【経営や人生についての目標を見返す時間】  が少なくなっているのでは  ないだろうか。 ・経営者であっても  サラリーマンであっても、  【モグラ叩き的に、また自転車操業的に  人生を回してしまっている】  ということはないだろうか。 ・大切なのは、  モグラを叩き続けることではなく、  【モグラ叩きの電源を断ってしまうこと】。  そのためには、  【どうやって電源を断ったら良いか  という思索をすること】  が重要であると言える。 ・そしてこれは、  【自分一人では  到底成し得ることができない】  ことが少なくないため、  積極的に衆人監視の目を効かせ、  効率的に思索をする時間を設けたい  ものである。 今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ