福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > 確定申告の受付は【12月31日まで】で締め切ります!

2022年12月29日確定申告の受付は【12月31日まで】で締め切ります!

今日はナチュレールさんの湖畔にて、
餅つきに参加してきました!
湖畔で餅つき!

夫婦水入らずで、餅つきをさせていただき、
ゆく年くる年、幸せ確定です!(笑)

エネルギーの高い人たちが集い、
本来的に大切である

『人と人との繋がり』がそこにはあります。

身も心も満たされた感覚です。


さて、本題です。

 
------------------


■表題にて書かせていただきましたが、


 今年(令和4年分)の確定申告の受付は、

 【12月31日(明後日)】

 で締め切らせていただきます。

 Facebookの方では
 投稿をさせていただいていたのですが、

 FB投稿

 こちらのメルマガにご案内することを
 失念しており(汗)、
 
 大変失礼いたしました。

 とは言え、

 昨年お申し込みいただいた方については、
 この限りではありませんので、

 念のため申し添えておきます。

 あくまでも『新規のお申し込み』を
 『12月31日で締め切らせていただく』
 
 ということです。

 
■どうしても、
 

 確定申告の繁忙期に入ってしまうと、

 毎月の定例業務に力を注ぐことが
 難しくなってしまい、

 この部分の品質担保をしたいことから、

 今年は正直、
 まだまだキャパはあるものの、

 あえて

 【12月31日で締め切らせていただく】

 ということにいたしました。


■そしてここからが、今日の本題。


 どうしても余裕がある状況下においては、
 目先の売上を上げていきたいことから、

 「もっともっと…」という視点で
 経営を考えてしまいがちなもの。

 しかしながら、
 売上が上がる一方で、

 そこには失うものも
 伴うのではないでしょうか。

 売上が上がるということは、

 それなりの時間が拘束され、
 経営者としての時間が奪われ、

 スタッフの労働力が奪われ、
 通常の業務に費やすことのできる
 価値が奪われ…

 といったことが
 考えられるのではないかと。


■「損して得とれ」


 とはよく言われるものですが、

 これは経営判断において、
 極めて重要であるのではないか

 と思う次第です。

 これも記事の中でよく
 述べさせていただくことですが、

 【経営者の仕事は思索をすること】

 なんですよね。

 結局のところ、

 経営者として考えるのをやめてしまえば、
 その時点で経営の成長が
 ストップしてしまい、

 自転車操業的に進むだけの
 あっけらかんとした経営に
 なってしまうことも、

 少なからず考えられます。

 果たして、
 「本当にそれで良いのか」
 ということですよね。

  ■当初の経営をスタートした気持ち  などを思い返すと、  場合によっては、  そのような選択肢を取ることが  逆に経営にとってマイナスになる  ということも考えられるかもしれません。  節税において、  入口と出口が重要であるように、  経営においても、  『原因と結果』を重視すべきで、  今この原因を作った結果、  未来の経営はどうなるだろうか、  ということを常に思索し、  その経営を経営者として  見つめていくことが  必要なのではないでしょうか。 ■どうしても短期的な利益  が欲しいものではありますが、  ぜひそんな時には、  この原因と結果に着目し、  経営者として希望ある未来が  見えるような経営判断    をしていくことを、  心に留めておかれることを  お勧めいたします。  …と言うわけで、  私自身も、  確定申告を受け続けることにより、    経営においての損失  (特に顧問のお客様への価値提供  が失われること)が  考えられることから、  今年の確定申告の締め切りは、  明後日12月31日までと  させていただくことにいたしました。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・目先の利益を追うことで、    その結果失うものもある  ということを、  経営者として意識しておきたいもの。 ・一番恐れるべきことは、  既存のお客様への価値の提供が  薄くなってしまうこと。 ・経営者として、    この行動を取った原因から、  未来にどういった結果が出るのか    ということを冷静に思索し、  真に有効な経営の一手を    打っていきたいものである。 今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ