福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

092-406-7975

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
092-406-7975

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 税務について > 会社の資本金っていくらにすればいいの?

2018年7月10日会社の資本金っていくらにすればいいの?

「資本金の金額ってどうしたらいいんでしょう?」


大変ありがたいことに、新規に法人を設立されるお客様との顧問契約が多くなってきました。

そこでよく聞かれるのが、資本金のお話。

 

おはようございます。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

(旧ブログはこちら

 

1.資本金ってどの位が必要?


ひと言で言うと、「いくらでも好きなようにどうぞ。」ということになります。

資本金は1円からでも、法人は作れるためです。

ただ、当然のことながら1円では会社の運営はできません。

そうなると、必然的に、業種や業態によって金額が変わってくる。

実態に合った金額設定が必要でしょう。

 

2.融資を考えてみる


ここで、また聞かれるのが融資の問題。

結局、資本金でまかないきれない部分は代表者からの借入金で賄っていくことでしょう。

そうすると、代表者からの【借入金】という科目が、【負債】として載ってきます。

負債だから金融機関にとってはマイナスイメージ。

・・・かというと、そうでもなく。

結局は、資本金にしろ代表者からの借入金にしろ、出所は同じということで、

金融機関もそのように大目に見てくれます。

 

3.本当に問題なのは・・・


実際のところで問題となってくるのは、取引先などの対外的なお付き合いのある会社との関係

あなたのこれから取引しようとする会社の資本金が少なければ、なんとなく不安ではありませんか?

「なんとなく、とは勝手なものだ。」などという声も聞かれてきそうですが、

この「なんとなく」で判断するということが、現実問題起こっているので、仕方ないわけです。

そう考えると、ある程度こういった対外的な取引も考えて、資本金の額を多めにしておくことが必要でしょう。

 

資本金は、ビジネスへの本気度としても見られます。

・・・私はそのように見てしまう部分もあります。

資本金が大きいと、「この人は本気だな。」という印象が。

ビジネスを運営していくことは、簡単ではありません。

福岡市では、起業ブームにもなっているわけですが、

正直、成功している企業の方が圧倒的に少ない・・・

飛ぶ前にまず考える。

しっかり意識したいポイントですね。

 

個人事業主のための知ってて得する
税金対策、経営メルマガ登録

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ