福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 人間関係 > 【その場限りの手法】ほど、怖いものはない

2020年3月7日【その場限りの手法】ほど、怖いものはない

【本日の業務】

 ・長女と土曜出勤

 ・顧問先の決算業務

 ・確定申告業務

 

こんにちは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

(外部ブログはこちら

 



■今日は恒例の長女との
 土曜出勤の日。

 この日が来ると
 本当に一週間があっという間に経ったなと
 痛感しますね。

 確定申告もだいぶ落ち着いてきて、
 次は1月決算法人の決算業務へと、
 次第に入っていくことに。

 この1月決算法人も結構な法人数があるため、
 計画的に着々と手をつけていきたいところ。

 その上で節税や、融資などを見据えて、
 しっかりと決算を組んでいきたい
 と思っています。

 今日はそんなことから
 お話を続けていくことにいたします。


■よく融資を見据えて決算を組んでいくのですが、

 融資にあたっては

 【法人の利益が出ていること】

 が必要な要素の一つ

 となります。

 その利益を出すために、
 なんとか手を尽くしたいものなのですが、

 利益をなんとか出したいばかりに、

 どうしても出してはいけない方法に
 手を染めてしまうというケースが
 少なからずあります。


■利益を出すためには、


 ・売上を増やすこと

 ・経費を減らすこと

 ・在庫を増やすこと


 という大きく言えば3つの方法が。

 まず利益というものは

 【収益から経費を引いた結果】

 となりますので、

 当然のことながら、

 売上という収益を増やすと
 利益が上がることとなり、

 また経費を減らすと
 その分利益が増えることになりますね。

 そして在庫というものは、

 期末において売れていない商品を
 数えて数字に表すもの。

 【売上−仕入=粗利益】

 となるのですが、

 この粗利益については、

 必ず売れて利益が出たものに
 対応するものとなります。

 言い方を換えると、

 売上と仕入は

 【必ず対応してないといけない】

 わけです。

 売上が上がれば仕入も増えて、
 逆に仕入が減れば売上も減る

 という状態にしなければなりません。


■もっとお話を進めていくと、

 もし10個仕入れて3個売れたとするならば、
 その10個の仕入のうち7個は
 在庫となりますね。

 この7個については、
 仕入から抜く処理をしなければ
 ならないわけです。

 このことがすなわち『在庫』という考えで、

 【在庫とは仕入のマイナス】

 と考えるとわかりやすいでしょう。

 とするならば、

 在庫が増えると仕入がその分
 マイナスになるため、
 その分利益が少なくなる

 というカラクリなのです。


■そして注意すべきが、この在庫の反動。

 融資を受けたいがために、
 この在庫を過剰に水増しして
 計上してしまうということが
 あるわけですね。

 当然実際にはない在庫ですので、

 その過剰に計上した分、
 多く利益が上がるわけです。

 ただ、

 この在庫は来年においては
 売れ残ったものとして考えるため、

 【逆に仕入が増える要因】

 となってしまいます。

 そうすると、

 来年においては仕入という経費が膨らみ、
 利益が圧迫されることに。

 そうなると

 また過剰な在庫を計上しなければならない…

 という

 【負のスパイラル】

 に陥ってしまうわけです。



■少々会計の話で
 難しい話となってしまいましたが…

 何が言いたいのかと言えば、

 一度その場限りの手法に手を染めてしまうと、
 その反動は今後しばらく続いていく

 という極めてマイナスの要素に
 染まっていってしまうわけですね。

 このことは会計の話ではあるのですが、

 私たちにとっての日常生活においても
 同じようなことが少なからずあるように
 思います。


■その一つが、

 【先延ばし癖】。

 大したことのないと思われる作業を

 今日はやめておこう、
 今日はやめておこう…というふうに
 ずっと先延ばしにすることにより、

 その傷口がどんどん広がっていき、
 その大したことない作業が
 最終的にはかなり膨大な量に
 積み上がっていくことに。

 意外と溜めているストレスの多くは、

 この先延ばし癖によるもので
 あることが往々にしてあります。

 大したことのない事柄ほど、
 瞬時に手をつけてササっと
 終わらせていくべき。

 もちろん、

 優先すべき作業や仕事はあるのでしょうが、

 これを滞留せてしまうことにより、
 後々に傷口がどんどん広がっていき、

 そのことが

 【多大なストレスにつながってしまう】

 わけですね。


■経営においても、
 日常生活においても、

 そして会計や融資の関係を見ても、

 【その場限りの手法に決して手を染めない】

 こと。

 これは全てにおいて

 共通することのように思います。

 一つ一つの行動にしっかりと意義を見出して、

 有意義な判断をしていきながら、

 日々の生活や仕事を
 こなしていきたいものです。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ