福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 税務について > 「確定申告を間違えた!」そんな時は・・・

2022年2月9日「確定申告を間違えた!」そんな時は・・・

■早いもので、


 今年も確定申告の時期が
 近付いてまいりました。

 確定申告は『2月16日から3月15日』
 までの間にするものなのですが、

 今年度に関しては、正式に
 
 【新型コロナウィルスによる
 申告期限の延長はない】

 ということが発表がされたようです。
 
 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE25CK90V20C22A1000000/

 場合によってはコロナの関係により
 申告期限までに申告することが
 難しい状況も考えられますが、

 その際には別途簡単な手続きをする
 ことにより、
 個別での期限延長が可能ですので、

 そういった制度も知った上で、
 状況に応じた確定申告を
 していきたいところ。


■この『確定申告の期間』なのですが、
 

 『還付申告』については、
 『1月1日』から提出することが
 認められています。

 還付申告とは、本来確定申告をする
 義務がない人が、

 ふるさと納税や医療費控除などの
 還付を受けるためにする確定申告

 のことですね。

 そして、これは
 あまり知られていないことなのですが、

 確定申告をする義務がある人が
 『2月16日より前』
 に確定申告書を提出したとしても、
 
 【税務署ではそれを受け付けてくれる】

 そうなんですね。

 どうやら税務署の内部の決まりごとにより
 そのように決まっているらしく、
 場合によっては、

 「前倒しで提出することも
 あって良いのかな」

 と思う次第です。


■昨年から、


 『e-Tax』により
 電子申告をすることにより
 
 【青色申告特別控除65万円】

 が取れることになりました。

 当然『65万円』を取ろうとするためには、

 【しっかりとした
 帳簿を作成しないといけない】

 といった要件もあるのですが、

 本来『55万円』である
 青色申告特別控除が、

 【e-Taxで電子申告をすることに
 よって65万円になる】

 わけですね。


■税務署としては


 【電子申告により
 事務処理を簡便化したい】

 というところがあるんでしょうね。

 そのような状況下において、
 『プラス10万円の控除』…つまり

 【経費をもらうために、
 e-Taxにより電子申告をする人が
 増えているのではないか】

 と思われます。

  ■そんな中、  早々に確定申告をしたは良いものの、  【その計算に誤りなどがあって、  それを修正したい】  ということも考えられるかもしれません。  結論として申し上げると、  【確定申告期限内であれば、  何度でも再申告が可能】  となります。  『再申告』というのは、いわゆる  『修正申告』や『更正の請求』  という重々しい手続きではなく、  【確定申告書をもう一度提出する】  ということなんですね。 ■これは  法人税や消費税の申告  においても言えることで、  申告期限内であれば、  それを上書きして提出することにより、  ただの『再提出』となり、  修正申告や更正の請求  の手続きをする必要がないんですね。  これは案外知られていないことですので、  もしあなたが『計算に誤り』などがあって  修正をしたい場合は、この  【期限内に申告書の再提出】  をするようにしましょう。  当然、確定申告期限を超えてからの提出は  『修正申告』や『更正の請求』  の手続きを踏むことになりますので  要注意です。 ■だんだんと  確定申告が近付いてきています。  昨年は、コロナの影響により  【協力金や給付金を多く受給している】  というケースも  少なからずあろうかと思いますので、  もし確定申告をすべき人で、  税額の計算をしていない状況でしたら、  極力早い段階で確定申告の計算をし、  その納税に備えるようにしましょう。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・令和3年分の確定申告の期限は    【2月16日から3月15日まで】  ということが正式に決定された。 ・還付申告は  【1月1日】から提出できるため、  現段階でも提出することは可能である。 ・確定申告をすべき人が  確定申告をする場合には  原則として『2月16日』からであるが、  【それより前に提出しても、  税務署は受理してくれるもの】  ということも知っておきたいもの。 ・確定申告期限内であれば、    【その期限中は何度でも、  その確定申告書の再提出をすることが  できること】  も併せて心得ておくべし。 今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ