福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > 人による経営においての良き【刺激】を考える

2022年3月18日人による経営においての良き【刺激】を考える

■個人事業主の方については


 確定申告もようやく終わり、
 場合によっては

 『4月から心機一転、新年度』

 というところもあるかもしれません。

 そんな中、
 業務拡大を目指していく中で、
 
 【人手不足を解消したい】

 ということもまた
 課題として考えられることも。

 『人手不足』に関しては
 以前の記事でも幾度となく
 述べさせていただいていることですが、

 https://note.com/muratax/n/n581e81b74a42

 https://muratax.com/2021/12/15/4698/

 今日もそれに続けていきます。


■経営の方向性として、


 【拡大をしていきたいのか】、

 それとも、

 【極力少人数でいわば
 家族のような身内のような
 経営体系を築いていきたいのか】

 ということが考えられるかと思います。

 当然、『拡大していこう』
 とするためには、

 【外部からの雇用や
 更なる外注先の増加】

 が必要かもしれませんし、

 『家族的な経営』であれば、

 【身内や、その近いところからの
 紹介などにより広げていく】

 というのもまた考えられる
 手かもしれませんね。


■そんな中で大切なのが、


 【業務については
 必ずバッファを設けておく】

 ということ。

 バッファがないことには、
 突発的な業務が入ってきた途端に、
 経営が回らなくなってしまい、

 結果として

 【お客様からの信頼を失う】

 ということにもなりかねません。

 そのようなことから考えると、

 【手が回らなくなってきてから
 動くのではなく、業務の閑散期にこそ
 こういった先手を打って
 人手のリサーチをしていく】

 ということが重要なのかもしれません。

  ■また、  上述した家族的な経営であったとしても、    【思いもよらず、  その業容が拡大していく】  ということも考えられます。  当然、友人や知人、そして家族など、  そういった直接的または、  近い間接的な人材などにより  経営を回していくこともできる一方、  場合によっては、    【そのような状況下だと緊張感が生まれず、  経営がマンネリ化してしまう】  ということもまた考えられます。 ■そのような場面においては、    【スパイス的な要素として、  外部からの雇用を検討する】  というのもまた一つの方法であることも。  どうしても、近い存在だと、  『その想いや考えも近い』  ということで、  「良い点と良くない点が  それぞれあるのかな」  と私は思っているところ。  『良い点』としては、  【当然ベースとして  同じ想いを持っているため、  経営においてもブレがない】  ということですよね。 ■しかしながらその反面、  『良くない面』というのが、  上述した  【経営のマンネリ化】  であると言えます。  どうしても、  近いもの同士ですので、    【多少なりともその関係が  なあなあになってしまう】  ということが考えられるとともに、  【同じような想いであるが故に、  その範囲内で経営に対する思索が  止まってしまう】  ということもまたあるのでは  ないでしょうか。  そんな中で、  外部からの人材が入ってくると、  多少なりとも異なる空気感や考え、  知識が入ってきますので、  【それはそれで経営にとっても  良い刺激となるかもしれない】  ということですね。 ■いろいろ述べてはきましたが、  『人材の増加』を考えるにあたっては、  上述してきた  【家族的な経営なのか、それとも  外部からの雇用などを  積極的にしていくのか】  などということに加え、  【経営についてはバッファを設けておいて、  突発的な出来事に備える力を  付けておくこと】  が重要であると言えます。  何はともあれ、4月からの  心機一転のスタートの際に、    【その経営の方向性】  を今一度見定めてみてはいかがでしょうか。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・経営を進めるにあたって、  その業容が拡大してくると、    【人材のさらなる確保】  が必要になってくるもの。 ・『雇用』を考えると、    【家族的経営にしていくのか、  それともさらなる業容拡大のために  外部の人材を雇用するのか】  という選択が必要な場面も考えられる。 ・そして家族的な経営であっても、  そこに甘んじてしまうと、    【逆に経営がマンネリ化してしまい、  成長が阻害される】  ということもまた考えられる。    そのように考えると、  家族的経営の中にも  【外部からのスパイス】  が必要なのかもしれない。 ・しかしながら、    【経営においてのバッファ】  を設けておかないことには、  【突発的な事項が起こった際に、  たちまち経営が立ち行かなる  可能性があること】  もまた心得ておくべし。 ・業務の閑散期にこそ、  こういった  【経営についての思索】  を深め、その経営の未来に対する  適切な一手を思索したいものである。   今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ