福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 税務について > 【外注費】のよくある誤りについて

2022年4月16日【外注費】のよくある誤りについて

■以前の記事で、


 『損益計算書の見栄え』
 について述べさせていただきました。

 <2022.4.14節税だけではない!
 【財務諸表の魅せ方】>
 https://muratax.com/2022/04/14/5103/

 金融機関の評価においては、
 こういった

 【財務諸表の魅せ方】

 が大切であるわけですが、

 今日はその反面とも言える、
 『税務の面』について
 見ていくことにいたします。


■今日見ていくのは、


 【外注費】

 について。

 『外注費』と聞いてあなたは
 どのようなことを思い浮かべるでしょうか。

 場合によっては、
 『ホームページの依頼』をしたり、
 『事務作業を代行』してもらったり、

 建設業などにおいてはその
 『現場の作業』を手伝ってもらったり…

 そのような多種多様なケースを
 思い浮かべるのではないか

 と思います。

 現に、会計ソフトの初期設定において、
 『外注費』は

 【『販売費及び一般管理費』
 に属しているもの】

 として設定されているのが一般的です。

 しかしながら、

 【本当にそれで良いのか】

 というのが今日の記事の内容。

 
■これは、


 『経費の種類』
 に関係することなのですが、

 【経費の種類には
 大きく分けて三種類がある】

 ということを以前の記事の中でも
 述べさせていただいたことがあります。

 <2017.1.8経費は3種類に分かれます>
 https://everydayrunchange.hatenablog.com/entry/2017/01/08/232300

 <2018.2.17外交問題から学ぶ
 セミナー代の費用計上時期>
 https://muratax.com/2018/02/17/291/

 一つ目は【原価】。

 二つ目は【費用】。

 三つ目は【損失】

 というもの。

 上述した二つの点については
 
 【『原価』と『費用』に分かれる】

 というところなんですね。

 簡単に言えば、
 『ホームページの依頼』や
 『事務作業の代行』に関しては、

 【原価ではなく費用に属するもの】。

 逆に『工事現場を手伝ってもらった
 際の外注費』は

 【原価に属するもの】

 と言えます。

 
■では、


 この二つの違いは
 一体何なのでしょう。

 結論から言えば、

 【売上が増減するにつれ、
 その外注費も増減するもの】

 が『原価』であり、

 【売上には直接関係しない外注費】

 が『販売費及び一般管理費』
 に属する『費用』である

 ということができます。

 よって、工事現場などの外注費のように、
 売上が増えれば増え、売上がなければ
 計上されない性質のものは

 【『原価』の外注費】

 ということができ、
 そうでない外注費は
 
 【販売費及び一般管理費の『費用』】

 ということができるわけです。

    ■そして、  経費の種類が違うわけですので、  『計上することが認められる経費の概念』  も変わってくることになります。  まず『原価』については、    【売上と直接対応していること】  が必要となります。  つまり工事現場を例にとると、  【その工事現場の工事が終わり  売上が計上されているもの】  については外注費も計上できるのですが、  【その工事現場が未完成で  売上が計上されていない現場については、  その外注費の計上もできない】  ということになるわけです。 ■とは言え、  外注費自体は  その業者さんの仕事が終わり  支払いは完了していますので、  ひとまずは『外注費』  という経費を計上することになります。  しかしながら、  その売上に対応していない…  【工事現場の売上が立っていないもの】  については、  【棚卸資産(『仕掛品』や『未成工事支出金』  などの科目で表示)】  として  【外注費から振り替える処理をする  必要がある】  というわけです。  いったん経費にするものの、  経費から『資産』の科目に  振替えることにより、    【売上も外注も上がっていない】  という状況を作るわけですね。 ■一方、  『販売費及び一般管理費  に属する外注費』  はどうでしょう。  これは『費用』という性質ですので、    【その『期間』に対応する経費】  という概念に立って考えます。  つまり、当期において  そのサービスの提供が終わっているもの  は『経費』で、  逆にそのサービスの提供が  翌期に渡っているものについては、    【その分を(前払いとして)  経費から抜いて考える】  ということなんですね。 ■このように、  『外注費』については、    【原価に属するもの】と  【費用に属するもの】  に大別されます。  『外注費』というと  上述したようにいろいろな項目が  思い浮かぶものなのですが、  特に『原価に対応するもの』  については  【期末に『棚卸資産』に振り替える  必要がないかどうか】  ということを的確に考え、  その会計処理を適切にすること  を心がけたいものです。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・『外注費』については、    【原価に属するもの】と  【費用に属するもの】    に大別される。 ・『原価』は  【売上との直接の対応関係】    が求められ、  『費用』は  【その期間に商品やサービスの  引渡しや提供が完了しているもの】  という考えの下、経費としての  計上が認められるものである。 ・よくある誤りが、  『原価に対応する外注費』  であるにもかかわらず、  【売上が計上されていない部分についての  外注費を計上している】  というもの。  これについては、  【期末に『棚卸資産』として  外注費から抜く処理をしなければならない】  ということを心得ておくべし。 今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ