福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 税務について > 経営分析は【変動費と固定費】を把握すべし

2022年8月5日経営分析は【変動費と固定費】を把握すべし

■経営の改善を考えるにあたり、


 売上を上げるほか、

 固定費の削減を目指すべき
 というお話をさせていただきました。

 今日もそれに続けていきます。


■もう少し細かいお話になるのですが、


 経費について言えば、
 固定費のほか変動費というものが
 あります。

 変動費とは、平たく言えば、
 売上に伴って増減する経費
 のことなんですね。


■以前の記事の中では、


 売上に伴って変わってくる経費として
 『原価』という言葉を
 使用させていただきました。

 <2022.7.26何はともあれまずは
 「固定費の見直しを!!」>
 https://muratax.com/2022/07/26/5452/

 原価とは仕入高や外注費のことでしたね。

 仕入れて初めて売上が上がるわけですし、

 売上を上げようとすれば、
 人手が必要であるため、
 外注費も上がってくるというもの。

 これが原価ですね。


■しかしながら、
 

 売上に伴い増減する項目は
 この原価だけに留まらないのが
 通常であると言えます。

 例を挙げれば、
 セミナーなどで全国を行脚している方
 については、

 旅費交通費も挙げられる
 もしれませんし、

 物販であれば、その売上に伴い、
 包装資材などの消耗品も
 発生するかもしれません。


■つまり、『変動費』と呼ばれる


 【売上に伴って増減する経費】

 については、

 その業種・業界によって異なる
 ということなんですね。

 ただ、一般的な決算書に上がってくる
 原価の項目としては、

 通常『仕入高』や『外注費』に限られる
 ことが多い状況ですので、

 これだけでは、正確な変動費を
 網羅しているとは言い難いわけです。

  ■これは、  財務会計(一般的に外部に提出する書類  のためにする会計)と、  管理会計(あくまでも社内のみで  管理する会計)  の違いにあります。  どうしても、  通常は財務会計のみで  損益を把握しているため、  本来の意味での変動費を  把握できていないことが  往々にして考えられるわけです。 ■ただ、場合によっては、    変動費を広く捉え、  考察することにより、  【変動費そのものの削減をする】  こともまた考えられるということに。  売上高から変動費を引いた利益を  【限界利益】  と呼ぶのですが、  これも管理会計ならではの考え方。  結局のところ、  この限界利益がどのような要素から  構成されているかということを通じて、  【売上高を伸ばすこと、または、  変動費をいかにして削減するか】  ということ。  それに加え、  これとは別の項目として、  【固定費の削減】  を考えること。  売上高のアップと、経費削減については、   このような変動費と限界利益を考慮して、  時に適切に考えていくべきである  と言えます。 ■経費を変動費と固定費に分けることにより、  経営についての自社の特徴が  見えることもありますので、  このようなことを把握できていない  状況であれば、  ぜひこれを適切に把握し、  経営に役立ててみてはいかがでしょうか。      ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・経費は変動費と固定費に大別される。 ・変動費とは、売上に伴い増減する経費。  固定費とは、売上にかかわらず、  毎月定額に上がってくる経費である。 ・売上高と変動費、そして固定費に  分けて考えることにより、  より細かな経営の状況が把握でき、  そこから本来の売上アップ、  変動費及び固定費の削減を検討できる  いうことを、心得ておくべし。 今日も最後までお読みいただき、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ