福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

092-406-7975

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
092-406-7975

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > 売上1,000円で利益が4,000円!?

2019年9月10日売上1,000円で利益が4,000円!?

「何とかして、売上を上げたい!」

という気持ちは、経営者であれば誰しも持つであろうもの。

ではどうして売上を上げたいのでしょう

 

こんばんは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

(旧ブログはこちら

 

1.要は手元に多くのお金を残すために・・・


れだけ、自分にお金が入ってくるからでしょうか。

では、どうやったらお金が入ってくるようになるでしょう?

自分の事業で儲けることができれば、お金が入ってきますよね。

では、どうすれば自分の事業で儲けを出すことができるのでしょう?

と考えると必ずしも売上を上げることだけではないはずなのです。

 

2.儲け=(利益)を生み出すためには


【儲け】を言い換えると【利益】

では利益とは、どのように算出されるのでしょうか?

売上経費=利益

ですよね。

とするならば、儲けることつまりは利益を上げる方法は、

【売上】・【経費】という2つの要素があることに気付きます。

そういうことで、儲けるためにどうすれば良いか?という解は、

・売上を上げる

・経費を下げる

の二者択一、又は、いずれも実現すること

となるわけですね。

 

3.マイナスの経費?


ここまでは普通の話なのですが、【経費】という概念を考えてみましょう。

上の算式からすると、経費というものは売上からマイナスされるもの。

つまりマイナスされるということが大前提

では、このマイナスの要素を減らす努力をするのはもちろんなのですが、

逆にプラスに転じさせることができれば、必然的に利益が上がってきそうですよね。


マイナスの経費ということはすなわち、

経費なのにもかかわらず、手元にお金が入ってくる状態のこと。


これだけ聞くと、「そんなバカな話を!」なのですが、例えばリサイクル業者を例にとって考えてみましょう。

リサイクル業者の仕事の流れとしては、不用品を手に入れ、それを売る。

つまり、不用品を手に入れることが仕入となるため、

【売上仕入=利益】

となるわけです。


ここで、あなたの元へ届くチラシを思い出してください。

「不用品、3,000円で買い取ります!」

などと書かれていないでしょうか。   

何が言いたいかと言うと、そのリサイクル業者は仕入れているにもかかわらず、

その仕入をすることによってお金が手に入っているわけです。

ということは、マイナス3,000円の仕入れ。

これを仮に、1,000円で売ったとしたならば、

1,000−(− 3,000円)= 4,000

となり、

1,000円の売上であるにもかかわらず、それを上回る4,000円の儲け

となるわけです。

 

かなり常識を覆した事実だと思いませんか?

経営においても、大きなパラダイムシフトから、イノベーションが生まれるわけですが、

数字の世界においても、このように常識を覆すような事実が存在します。

 

具体例を見ても、「こんなのじゃ自分の仕事に活かせない!」と思うのは早合点。

そもそも、まずはあなたの常識と思っている点を、何も規制がないという前提で、今一度見つめ直してみましょう。

そこから、何かしらの大きな転換点が見出せるかもしれません。

具体例のみで、自分に当てはめるのではなく、具体例をなるべく抽象度が高いレベルまで分解し、

その高い抽象度から自分の具体的な事実に落とし込んでいく、というのが、【経営脳】なのではないかと思います。

 

さぁ、どんどん常識を壊していきましょう!(もちろん、法に触れない程度に)

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ