福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 税務について > 【社長のお金】に関する銀行と税務署の視点

2022年8月28日【社長のお金】に関する銀行と税務署の視点

■先日の記事で、


 『役員借入金』について
 お話をさせていただきました。

 <2022.8.26税務署が【役員借入金】を
 注視する理由とは>
 https://muratax.com/2022/08/26/5555/

 先日の役員借入金の視点については
 『税務署』についてのお話。

 そこで今日は、
 税務署と対極の関係にある
 とも言える

 【金融機関の役員借入金を見る目】

 についてお話をしていきたい
 と思います。

 
■前提として押さえておきたいのが、


 『税務署』は、

 【1円でも多くの税金を徴収したい】

 ということ、

 そして『金融機関』は、

 【お金を貸して利息をもらって、
 間違いなくその貸したお金を
 返済してもらいたい】

 ということ。

 これは

 【税務署と金融機関の
 見る目が対極にある】

 と言えるわけですね。

 
■この役員借入金について


 金融機関としては、
 法人に融資をする際に考えるのが、

 【その社長個人の資産がどれだけあるか】

 ということ。

 仮に法人の経営が立ち行かなくなり、

 法人単体でお金を返済してもらうことが
 できなかったとしても、

 社長個人の資産が
 それなりにあるようであれば、

 【金融機関のトータルの評価としては
 プラスになる】

 と考えられます。

 
■そのように考えると、


 役員借入金は、

 【社長が会社にお金を入れている
 額を表しているもの】

 と言えますので、

 法人と社長個人が一体のもの
 と見なすと、

 【社長から会社にお金が動いている】

 ということは、

 【内部的な財布から
 現金が動いているに過ぎない】

 ということになるわけですね。

 貸借対照表上は役員借入金を
 『負債』として表示はするものの、

 実質的にこれは負債ではなく、

 【純資産(自己資本とも言います)
 に含まれる】

 と解釈するのが金融機関。

 したがって、これまで見てきた
 役員借入金については、
 
 【金融機関の評価の面では
 マイナスになるということは考えにくい】

 というものです。

 
■逆に、


 『役員貸付金』になっていたら
 どうでしょう。

 これは以前の記事でも
 書かせていただいたことですが、

 『役員貸付金』というのは
 役員借入金とは逆の状態で、

 【経費の支出以外に社長個人が
 法人からお金をもらっている】

 ということに他ならないんですね。

 <2022.3.25法人で注意すべき
 【現金出金】と【役員貸付金】のお話>
 https://muratax.com/2022/03/25/5035/

 このような状況が

 【役員貸付金】

 であると言えます。

 このような状況を回避するためにも、
 役員貸付金になることは
 どうしても避けたいものです。


■また、


 税務署からすると、

 『会社が社長にお金を貸している…』

 この事実を考えると、
 
 【会社はその社長から
 その貸付金に伴う利息を
 もらうべきである】

 という考えがあるんですね。

 これを

 【認定利息】

 というのですが、

 この認定利息は

 【法人の収益として計上すべきもの】

 となります。

 現在は利率が低いため
 そこまでの痛手はないものの、

 『収益』としてカウントされることで
 法人の納税は増えてくるわけです。


■ということで、


 前回と今回で『役員借入金』、

 またそこから派生して『役員貸付金』
 のことについても見てきました。

 このように、

 【金融機関と税務署の見方は
 対極にある】

 と言えます。

   このような大枠の性質を  的確に理解するとともに、  極力実際に動いている現金を  見える化して、  経営の把握に役立てていきたいものです。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・『税務署』は、  【役員借入金の動き】  を注視するものの、  『金融機関』は、  【これを自己資本という形で  プラスに捉える】  傾向がある。 ・『税務署』は、  【1円でも多くの税金を徴収】し、  『金融機関』は、  【融資をしてその利息をもらうとともに、  間違いなくその融資を  返済してもらえるかどうか】  という視点を持っている  ということを心得ておくべし。 ・税務署と金融機関の考えの違い  を理解しておくことは  かなり重要であると言える。  しっかりとこの性質を理解し、  また、現金の動きは的確に  会計帳簿に反映するようにし、  これを経営の定点観測に  役立てたいものである。 今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ